« Chimes, The (チャイムズ) | トップページ | Carter, Clarence (クラレンス・カーター) »

2011年11月13日 (日)

Bay City Rollers (ベイ・シティ・ローラーズ)

 第二のBeatlesと言われたグループはいくつかあったが、Bay City Rollersもその一つ。75年にFour Seasonsのカヴァー「Bye Bye Baby」が英国で6週No.1になったのがきっかけと記憶していたので、てっきりその頃デビューしたグループかと思ったら、最初のヒットは71年なんだね。グループ結成に至っては何と65年みたいです(コンスタントにヒットを飛ばしてアイドル人気が爆発したのは74年だが)。
 スコットランドのエディンバラ出身、アラン、デレク、レスリー、エリック、スチュアートの5人組。スコットランドのタータンチェックがシンボルで、熱狂的なブームをタータン・ハリケーンとか言ってた。完全に少女向けアイドルバンドって感じだったんで、言いづらいですが、結構いい曲多いです。

03267 Saturday Night (サタデー・ナイト) 75年1位
 ♩S-A-T-U-R-D-A-Y, Night♩の掛け声がまぶしかった。この曲が米国での初ヒットで、No.1に。でも、英国で人気爆発してから2年近く経っている訳で、今では考えられないスピードの遅さだね。本国では73年にカットされるもヒットせず。ゴールドディスク。

03268 Money Honey (マネー・ハニー) 76年9位
 BCR版ハードロック? この辺の曲づくりはグラムロックから来てるのかなあ。

03269 Rock And Roll Love Letter (ロックン・ロール・ラブ・レター) 76年28位
 曲の出来としては「Saturday Night」なんだろうけど、個人的にはこの曲が一番好き。♩ハイッ♩てのがいい。これぞアイドルロックって感じ。

03270 I Only Want To Be With You (二人だけのデート) 76年12位
 もちろんDusty Springfieldのカヴァーだが、彼らに実に合っている。楽しいね。

03271 You Made Me Believe In Magic (夢の中の恋) 77年10位
 これもいい曲です。ちょっと甘酸っぱい感じ?

03272 The Way I Feel Tonight (愛をささやくとき) 77年24位
 最後のTop40ヒット。本国でもこの年にはブームは終わっている。BCRの本領はこういうバラードじゃないでしょ。

« Chimes, The (チャイムズ) | トップページ | Carter, Clarence (クラレンス・カーター) »

音楽 70年代 Bay City Rollers」カテゴリの記事

コメント

セローンにコメント入れなきゃだったのですがBCRがきちゃったので先に!
まさにいい曲多いですよね!!
Top40に入った曲はみんないいですね。他にもYesterday's Heroとか好きだった。
先日チャピーさんがNHKFMでBCRだけ4時間生放送やってたの聞きました?
私は最後の1時間ほど聞きましたがすごく懐かしかったです。

アイドルバンドと言いながらみんなルックスが田舎っぽいし歌は下手だし、なんだか全体としては残念なイメージです。

■Saturday Night
まぁがんばってるけど、今ひとつ垢抜けないなぁ。

■Money Honey
これは嫌いじゃなかった。
だけど日本語は『マネー・ハネー』にも『マニー・ハニー』にもならないのがおかしいと思っていた。

■Rock And Roll Love Letter
>曲の出来としては「Saturday Night」なんだろうけど、個人的にはこの曲が一番好き。
残念ながら私はあまりピンときません。

■I Only Want To Be With You
私はたぶんこれが一番好き(2番が『Money Honey』)。
上のSAKURAMさんの見解と異なりますが、これは断然曲のつくりがいいから好きなんだと思います。
突き抜ける青空の下を疾走するような爽快感がある曲です。

chanparaさん、こんばんは。
「我が青春のベイ・シティ・ローラーズ」という番組ですね。全然知りませんでした。
3時間半の生放送ってのはスゴいな。
レスリー・マッコーエンがゲストで来てたみたいだし。
でも、事前に知ってても聴かなかったろうなあ。
チャッピーってのがビミョーだし。
いや、曲は好きなんですが。

かてぶしさん、こんばんは。
いえいえ、私ももちろん「二人だけのデート」は好きですよ。
もちろん曲がいいんだけど、彼らにも合っていたように思う。
「マネー・ハニー」のことは私も前からそう思っていたんですが、やっぱり「マネー・ハネー」も「マニー・ハニー」もなあ。

レスリーは生電話でした。
おっしゃることよーくわかります。でもって、声も雰囲気も昔のままでした。

BCRで洋楽に入る というのが何となく下に見られる風潮があり(当時) 「私はカーペンターズだもんね」とちょっと鼻を上に向けておりましたが そうなんです 良い曲が多いんです 私はDedicationが一番好きだったのですがTOP40にはチャートインしなかったんですね(^^;

Dedicationは最高位60位だったみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bay City Rollers (ベイ・シティ・ローラーズ):

« Chimes, The (チャイムズ) | トップページ | Carter, Clarence (クラレンス・カーター) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック