« Blue Haze (ブルー・ヘイズ) | トップページ | Led Zeppelin (レッド・ツェッペリン) »

2011年10月 8日 (土)

Ashton, Gardner & Dyke (アシュトン・ガードナー&ダイク)

 リヴァプール出身のビートバンドRemo 4出身のキーボーディスト/ボーカリストTony AshtonとドラマーRoy Dyke、元CreationのベーシストKim Gardnerにより68年に結成されたイングランドのロック・トリオ。AshtonはGeorge Harrisonの「All Things Must Pass」等に参加しており、GeorgeやEric Claptonからも評価の高いミュージシャンだったらしい。後にDeep PurpleのJohn Lordとも演っている。

03171 Resurrection Shuffle (レザレクション・シャッフル) 71年40位
 ブラスをフィーチャーしたソウルフルなパワー・ロック。同年にTom Jonesもカヴァー。英国では3位まで行ったヒット曲だが、最高位40位はちょっと低すぎだろう。やや単調ではあるが。

« Blue Haze (ブルー・ヘイズ) | トップページ | Led Zeppelin (レッド・ツェッペリン) »

音楽 70年代 A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ashton, Gardner & Dyke (アシュトン・ガードナー&ダイク):

« Blue Haze (ブルー・ヘイズ) | トップページ | Led Zeppelin (レッド・ツェッペリン) »

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近のトラックバック