« Everly Brothers, The (エヴァリー・ブラザーズ) 1/2(1957-1959) | トップページ | D.R.S. (DRS) »

2011年9月 5日 (月)

Everly Brothers, The (エヴァリー・ブラザーズ) 2/2(1960-1967)

 50年代のEverly Brothersは昨日紹介したが、今日は60年代。60年に彼らはバーバンクに本拠地を置く新レーベル!ワーナー・ブラザーズと100万ドルで10年契約を結ぶ。ケイデンスと袂を分かったのは、オーナーのアーチー・ブレイヤーとの音楽の方向性の違いと、やはり金銭面での不満だったようだ。ワーナーでの第1弾「Cathy’s Clown」は見事No.1に輝くが、ケイデンスも未発表の曲をシングルカットし、双方がヒットすることになる。
 昨日と同様、注記のない曲は全て2枚組の「The Definitive Everly Brothers」に収録。

03077 Let It Be Me (恋の願い) 60年7位
 これはCadenceから。オリジナルはフランスのジルベール・ベコーだが、アメリカで最初に大ヒットさせたのは彼ら。その後、Betty Everett & Jerry Butler、Glen Campbell & Bobby Gentry、Willie NelsonのカヴァーがTop40入り。超名曲だと思う。

03078 Cathy’s Clown (キャシーズ・クラウン) 60年1位
 兄弟の自作としては唯一のNo.1(アメリカでは5週、イギリスでは7週)。粘るコーラスがアクセント。ローリングストーン誌のベスト500で149位。ゴールドディスク、R&BチャートNo.1。

03079 When Will I Be Loved (ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド) 60年8位
 この曲を初めて知ったのは、Linda Ronstadtのヴァージョン。Philが作ったカントリーっぽいナンバー。Cadenceより。

03080 So Sad (To Watch Good Love Go Bad) (ソー・サッド) 60年7位
 WarnerからDon作のバラード。美しいハーモニー。

03081 Lucille (ルシール) 60年21位
 3080のB面は一転Little Richardの有名なロックンロール・ナンバー。Little Richardの狂気はないけれど、これはこれでいい。

03082 Like Strangers (ライク・ストレンジャーズ) 60年22位
 Cadenceからの最後のTop40ヒットは、Bryant夫妻の曲。ソフトなバラードだけど、ちょっと地味。

03083 Walk Right Back (ウォーク・ライト・バック) 61年7位
 映画音楽風のメロディだな。CricketsのメンバーだったSonny Curtis作。英国ではNo.1。

03084 Ebony Eyes (想い出の黒い瞳) 61年8位
 3083との両A面。当時流行ったデス・ソングの1つで、途中でナレーションが入る。ソングライターはJohn D. Loudermilk。

03085 Temptation (テンプテーション) 61年27位
 34年Bing Crosbyで3位まで行ったヒット。古い曲なのに、2人の力強いハーモニーが始まると、全くEverly Brothersの曲に。英国ではNo.1。

03086 Don’t Blame Me (ドント・ブレーム・ミー) 61年20位
 33年Ethel Watersのヒット曲。バラードということもあるだろうけれど、こちらはオールド・スタイルって感じ。「Muskrat」「Walk Right Back」「Lucille」とカップリングのEP盤。

03087 Crying In The Rain (クライング・イン・ザ・レイン) 62年6位
 Rightous Brothersが歌いそうなナンバーだ。Carole KingとHoward Greenfield作。

03088 That’s Old Fashioned (That’s The Way Love Should Be) (オールド・ファッション) 62年9位
 最後のベスト10入り。この後に半年兵役に就いたのが人気の落ちた原因らしい。相変わらずのハーモニーを聴かせてくれるが、ホーンのアレンジがちょっとおかしい。「Definitive Pop: The Everly Brothers」に収録。

03089 Gone, Gone, Gone (ゴーン・ゴーン・ゴーン) 64年31位
 初期のBeatlesって感じのロックンロール・ナンバー。というのは、順番が逆だが、Beatlesのコーラスが影響を強く受けているのがよくわかる。

03090 Bowling Green (ボウリング・グリーン) 67年40位
 久々で最後のTop40ヒットは、時代を反映して、Associationみたい。
 73年突然解散。その後2人は口もきかなかったらしいが、10年後に再結成。仲直りしてよかった、よかった。

« Everly Brothers, The (エヴァリー・ブラザーズ) 1/2(1957-1959) | トップページ | D.R.S. (DRS) »

音楽 50年代 Everly Brothers, The」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Everly Brothers, The (エヴァリー・ブラザーズ) 2/2(1960-1967):

« Everly Brothers, The (エヴァリー・ブラザーズ) 1/2(1957-1959) | トップページ | D.R.S. (DRS) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック