« Eels (イールズ) | トップページ | Estus, Deon (ディオン・エスタス) »

2011年9月 9日 (金)

Elgart, Larry, And His Manhattan Swing Orchestra (ラリー・エルガート)

 「Stars On 45」に始まるメドレー・ブームの中で生まれたスウィング・ジャズ版が「Hooked On Swing」。Larry Elgartは22年コネチカット州生まれのアルト・サキソフォニストでバンドリーダー。お兄さんのLes Elgartはトランぺッターでバンドリーダーだった。今でも健在ということは89歳か。

03094 Hooked On Swing (フックト・オン・スウィング) 82年31位
 メドレーに登場する曲は、In The Mood(Glenn Miller39年のNo.1ヒット。7年後にヒットしたメドレー「Swing The Mood」でも使われている)→Cherokee→American Patrol→Sing, Sing, Sing→Don’t Be That Way→Little Brown Jug→Opus ♯1→Zing Went The Strings Of My Heart→String Of Pearls。

« Eels (イールズ) | トップページ | Estus, Deon (ディオン・エスタス) »

音楽 80年代 E」カテゴリの記事

コメント

5分11秒辺りからTake The A Train(A列車で行こう )があります。Wikiでもこの曲が無視されてますね。関西弁で ええ列車と言ってるのでは無くて、A列車はNYの地下鉄です。米国の汽車ぽっぽ的なイメージがありますが。
Little Brown Jugは川柳川柳が頻繁にガーコンで口演されるので、寄席でも有名。

masa itohさん、こんにちは。
確かに「A列車で行こう」を演ってますね。
Joel Whitburnにも記述はなかったんですが。
「Little Brown Jug」は「茶色のこびん」ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Elgart, Larry, And His Manhattan Swing Orchestra (ラリー・エルガート):

« Eels (イールズ) | トップページ | Estus, Deon (ディオン・エスタス) »

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック