« Faster Pussycat (ファスター・プシーキャット) | トップページ | Faith No More (フェイス・ノー・モア) »

2011年9月18日 (日)

Abdul, Paula (ポーラ・アブドゥル)

 先日Katy Perryが1枚のアルバムから5曲のNo.1ヒットを出して、Michael Jacksonの「Bad」の記録に並んだが、Paula Abdulもデビューアルバムから4曲のNo.1で彼らに次いでいる(後はMariah CareyJanet JacksonとWhitney Houston、他にもいるはずだが。)。
 62年カリフォルニア州生まれで、元々はNBAのロスアンジェルス・レイカーズのチアリーダー、80年代はJanet Jackson等の振り付けを担当していたコレオグラファー。売れまくったのに、3枚のアルバムを出して消えてしまった。と思ったら、2000年代にアメリカン・アイドルの審査員として復活。
 「Greatest Hits」に全曲収録。

03123 Straight Up (ストレイト・アップ) 88年1位
 Paula Abdulを一躍スーパースターにしたミッドテンポのダンス・チューン。4曲のNo.1ヒットを生んだアルバム「Forever Your Girl」は、最初のシングル2枚があまりヒットせず、発表からNo.1になるまで64週かかっている(これは最長記録)。プラチナディスク。

03124 Forever Your Girl (フォーエバー・ユア・ガール) 89年1位
 デビューアルバムのタイトルソング。明るくスイートなダンス・チューン。彼女の場合、MTVを抜きにしてヒットは考えられなかった。ゴールドディスク。

03125 Cold Hearted (冷たいハート) 89年1位
 これはニュージャックスウィングっぽいか。この曲のビデオはボブ・フォッシーの映画「オール・ザット・ジャズ」にインスパイアされたらしい。ゴールドディスク。

03126 (It’s Just ) The Way That You Love Me (恋するままに) 89年3位
 この曲がなければ、6曲連続No.1の記録だったのだが、3位に終わる。ただし、元々はデビューアルバムからの2枚目のシングルとして88年にリリース、88位まで行った曲の再発。Janet風。

03127 Opposites Attract (甘い誘惑) 90年1位
 ラップをフィーチャーしたニュージャックスウィング。バックコーラスは男性デュオThe Wild Pairで、クレジットもPaula Abdul (with The Wild Pair)となっている。作者のOliver Leiber(3124、3126も)はJerry Leiber(Leiber & Stolle)の息子。ゴールドディスク。

03128 Rush, Rush (あふれる想い) 91年1位
 2ndアルバム「Spellbound」からの最初のシングルで、彼女初のバラードでのヒット。彼女の曲を続けて聴くと、Madonnaだな。Madonnaがこの頃やたら大勢いた女性ダンスポップシンガーの先駆だったことを改めて感じた。アダルトコンテンポラリー・チャートNo.1、ゴールドディスク。

03129 The Promise Of A New Day (ザ・プロミス・オブ・ア・ニュー・デイ) 91年1位
 3128から3132は2ndアルバムからのシングルだが、この曲が最後のNo.1ヒット。そろそろ食傷気味。

03130 Blowing Kisses In The Wind (ブロウイング・キッシィズ・イン・ザ・ウィンド) 91年6位
 3128に続くバラードもの。ちょっと単調。

03131 Vibeology (ヴァイブをちょうだい) 92年16位
 これはファンキーでカッコいいです。ハウス? サックスのリフや中近東風?コーラスもいい。

03132 Will You Marry Me? (ウィル・ユー・マリー・ミー) 92年19位
 再びバラード。彼女はバラードじゃないよな。この頃エミリオ・エステベスと結婚。ハーモニカはStevie Wonder。

03133 My Love Is For Real (マイ・ラヴ・イズ・フォー・リアル) 95年28位
 3rdアルバム「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」が売れず、これが最後のTop40シングルとなった、イスラエルの歌姫、今は亡きオフラ・ハザとの共演盤。メロディはTLCみたいで、結構好き。

« Faster Pussycat (ファスター・プシーキャット) | トップページ | Faith No More (フェイス・ノー・モア) »

音楽 80年代 Abdul, Paula」カテゴリの記事

コメント

1枚のアルバムから4曲のNo.1ヒットを出したアーティストですが、男性ではGeorge Michaelがいましたね。

曲は全然嫌いじゃないんだけど、なんかこの人はまがいもの感がある。
どういうわけかMilli Vanilliを連想してしまう(口パクとかそういうことではなく、曲の感じが)。
この感覚、なかなか理解してもらうのは難しいかな?
そういうわけで、Jane ChildhはやっぱりPaulaではなくSheila E.、ってことなんですが。

正統派ではないんでしょうが、まがい物感というのはよくわかりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Abdul, Paula (ポーラ・アブドゥル):

« Faster Pussycat (ファスター・プシーキャット) | トップページ | Faith No More (フェイス・ノー・モア) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック