« Company B (カンパニーB) | トップページ | Con Funk Shun (コン・ファンク・シャン) »

2011年8月16日 (火)

Concrete Blonde (コンクリート・ブロンド)

 ロスアンジェルス出身の3ピース・バンド。82年結成というから、結構キャリアのあるバンドだったんだ。ボーカルは男性だと思っていたら、女性だった(Johnette Napolitanoって本名?)。ギターは元Sparks。Roxy MusicにいたPaul Thompsonが在籍したこともあるみたい。

02986 Joey (ジョーイ) 90年19位
 上げてくるぞ、上げてくるぞと思っていると、やっぱりボーカルを上げてきた。何かニューウェイブっぽくもあり、オルタナっぽくもあり、フツーの産業ロックっぽくもあり、とらえどころがないが、いい曲だとは思う。アルコール中毒で別れるカップルを歌っているらしいが。4 Non Blondesとかに近いかしらん。モダンロックチャートNo.1。

« Company B (カンパニーB) | トップページ | Con Funk Shun (コン・ファンク・シャン) »

音楽 90年代 C」カテゴリの記事

コメント

コンクリート・ブロンドは、87年のカイル・マクラクランのSFアクション映画「ヒドゥン」で「スチール・イン・ハリウッド」と「オーバー・ユア・ショルダー」の代表曲2曲が使われていました。特にスチール・イン・ハリウッドは大好きな曲です。後者は昨日知り合いが頼んだらラジオで流れました。ボーカルのジョーネット・ナポリターノは、芸名だという話は聞いたことがないので本名だと思います。

私はコンクリート・ブロンドのことはよく知らないのですが、「Joey」はいい曲だなと思いました。
ところで、コンクリート・ブロンドって、ジャンル的には何なんでしょう?
メタルなんですか?
「ヒドゥン」って映画は初めて知りました。
面白いんですか?

コンクリート・ブロンドはジャンルを分けるのが非常に難しいですが、メタルになるみたいです。ちなみに、映画「ヒドゥン」では、「スチール・イン・ハリウッド」が、メタル好きの悪人がレストランでラジカセ大音量で流すシーン、「オーバー・ユア・ショルダー」がキャデラックとポルシェ928の追跡のシーンで流れます(笑)。内容も単純に面白いです!ツインピークスのカイル・マクラクランと、フラッシュダンスのマイケル・ヌーリーが刑事コンビのアクション映画で、メタルがガンガン流れます。特に、悪人の好きな車が赤いフェラーリ、正義のマクラクランの愛車が白いポルシェなのが面白い(笑)。淀川長治さんはやたらにこの映画が好きだったそうで、94年くらいまではよくテレビの「日曜洋画劇場」であっていました。傑作のヒドゥン1と、希に見る駄作の続編ヒドゥン2がセットになったDVDが出ていましたが、買おうとしたら最近廃盤になっていたそうなので、中古で探そうかと思っています。

すみません、書き忘れていたので追加の情報ですが、コンクリート・ブロンドの「オーバー・ユア・ショルダー」は、86年のホラー映画の「悪魔のいけにえ2」にも疲れていたようです。「ジョーイ」はおとなしめでしたが、この曲はまさにハードロック、メタルといった曲で、「スチール・イン・ハリウッド」はさらに激しいパンクな曲です。

「Joey」はメタルって感じはしないですよね。
オルタナティブ・ロックという感じかな。
他の曲を聴いたことがないんで、あまりイメージがわきませんが、今度聴いてみます。
ナイトセイバーさんは、アクションとかホラーとか、ずいぶん映画観られているんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Concrete Blonde (コンクリート・ブロンド):

« Company B (カンパニーB) | トップページ | Con Funk Shun (コン・ファンク・シャン) »

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック