« Cochrane, Tom (トム・コクラン) | トップページ | Queen (クイーン) »

2011年8月13日 (土)

Communards, The (コミュナーズ)

 Jimmy Somervilleのファルセット・ボーカルはBronski Beat時代(Smalltown Boyはサイコー!)から好き。ゲイであることを公言し、それをテーマに演ってきた人だけど、ゲイ・ミュージシャンの代表的存在だね。CommunardsはSomerville がBronski Beatを脱退して、キーボーディストのRichard Colesと85年に結成したダンス・ポップ・デュオ。88年解散。

03009 Don’t Leave Me This Way (ジス・ウェイ) 87年40位
 もちろんThelma Houston(オリジナルはHarold Melvin & The Blue Notes)のNo.1ディスコ・クラシックスのカヴァー。この後にはGloria Gaynorの「Never Can Say Goodbye」(オリジナルはJackson 5ですが)をヒットさせているし、Bronski BeatではDonna Summerの「I Feel Love」も演っていて、まあこの手が大好きなんだね。Somervilleとは対照的な声で一緒に唱っている女性はSarah Jane Morris。英国では4週No.1。

« Cochrane, Tom (トム・コクラン) | トップページ | Queen (クイーン) »

音楽 80年代 C」カテゴリの記事

コメント

Thelma Houstonのバージョンよりクールな感じが好きでした。
それにしても(『Never Can Say Goodbye』も『I Feel Love』もそうだけど)ほとんどアレンジを変えずに歌っていて、ホントに
>まあこの手が大好きなんだね。
ってことなんでしょうね。

Jimmy Somervilleの中性的なファルセットが好きでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Communards, The (コミュナーズ):

« Cochrane, Tom (トム・コクラン) | トップページ | Queen (クイーン) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック