« Money, Eddie (エディ・マネー) | トップページ | Laid Back (レイド・バック) »

2011年6月 6日 (月)

Rich, Charlie (チャーリー・リッチ)

 Charlie Richというと74年頃にヒットを連発していたカントリーシンガーという印象だけれど、ずいぶんキャリアの長い人だったんだね。32年アーカンソー州生まれ。50年代前半から活動を始め、元々はジャズやブルースを演っていた。デビューのきっかけは妻がサキソフォニストのBill Justisにテープを送り、彼がサンレコードのSam Phillipsを紹介したこと。60年代後半にロカビリーシンガーからカントリーシンガーへ変身を遂げる。カントリーチャートでは45曲のヒットを持つ大スター。銀髪なんで、愛称はシルバーフォックス。95年妻のMargaret Annとフロリダを旅行中に死去。
 沢山ベスト盤の出ている人だけど、私の持っているのは93年にソニーのドイツが出した「Greatest Hits」(注記のない曲のみ)。

02813 Lonely Weekends (ロンリー・ウィークエンズ) 60年22位
 Phillipsレコードから出たロカビリー・ナンバー。これは唱い方が完全にElvisだね。
 「The Golden Age Of American Rock ‘N’ Roll, Vol.9」に収録。

02814 Mohair Sam (モヘア・サム) 65年21位
 サムレコードが閉まって、スマッシュから出したヒットナンバー。ソウルフルなカントリー? ピアノやコーラスがアクセントとなっていて、これはカッコいいです。
 「The Very Best Of Charlie Rich」に収録。

02815 Behind Closed Doors (愛の扉) 73年15位
 突如訪れたCharlie Richブームの最初がこの曲。温かい声が心和みます。グラミー賞カントリーソング及び男性ボーカル部門受賞。カントリーチャートNo.1、プラチナム・ディスク。

02816 The Most Beautiful Girl (朝やけの少女) 73年1位
 名曲。声よし、曲よし、歌詞よしの三拍子。邦題は「朝やけの少女」だけど、原題は「世界で一番きれいな少女」だもんな。カントリーチャートNo.1、アダルトコンテンポラリー・チャートNo.1、ゴールドディスク。

02817 There Won’t Be Anymore (涙のためいき) 74年18位
 オリジナルは65年にリリースされた曲。ブームの中で、再発されたということかな。10年前だけど、あまり違和感なし。カントリーチャートNo.1。
 「The Very Best Of Charlie Rich」に収録。

02818 A Very Special Love Song (さすらいのラブ・ソング) 74年11位
 いい曲だけど、サビの展開が不思議。地味でも売れたのは、それだけ人気があったってことか。グラミー賞カントリーソング部門受賞。カントリーチャートNo.1、アダルトコンテンポラリー・チャートNo.1。

02819 I Love My Friend (アイ・ラヴ・マイ・フレンド) 74年24位
 ますます地味。確か、この頃「ベンジーのテーマ」(犬の映画ね)も歌ってたよね。カントリーチャートNo.1、アダルトコンテンポラリー・チャートNo.1。

02820 Every Time You Touch Me (I Get High) (愛する時はいつも) 75年19位
 最後のTop40ヒット。美しいメロディ。アダルトコンテンポラリー・チャートNo.1。
 この後、ポップ・チャートでは売れなくなってしまったが、この年に自身が「Entertainer Of The Year」で表彰されたCMA Awardsの席で酒に酔って暴れるという事件も起こしている。彼の曲に「浮き沈みの人生 (Life Has Its Little Ups And Downs)」(妻のMargaret Ann作)というのがあるけれど、まさにそういう人生。

« Money, Eddie (エディ・マネー) | トップページ | Laid Back (レイド・バック) »

音楽 60年代 Rich, Charlie」カテゴリの記事

コメント

Kenny RogersほどドAORな感じがしないのが救い。

■Every Time You Touch Me (I Get High)
どちらかというと好みの系統ではないのだが、これはいい曲。

>確か、この頃「ベンジーのテーマ」(犬の映画ね)も歌ってたよね。
『I Feel Love』、結構気に入ってたな。
あと『Rollin With the Flow』とかも嫌いではなかった。

かてぶしさん、こんばんは。
ケニー・ロジャースより、ずっといいですよ。
確かにAORじゃないところが違うんですね。
「Rollin With the Flow」は久しぶりに聴いたけど、いい曲ですね。
77年にカントリーチャートでNo.1になった、彼の最後のヒット曲みたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rich, Charlie (チャーリー・リッチ):

« Money, Eddie (エディ・マネー) | トップページ | Laid Back (レイド・バック) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック