« Shai (シャイ) | トップページ | Angelica (アンジェリカ) »

2011年6月27日 (月)

Newton, Juice (ジュース・ニュートン)

 カントリー畑の女性ポップ・シンガー、AORシンガーって感じかな。この手は日本ではウケないとよく言われるが、Olivia Newton-Johnはウケたのだから、結局美形度の差か? 52年ニュージャージー州生まれ。全盛期は短かったけれど、ずいぶんヒット曲があったんだな。Juiceって面白い名前だなと思っていたら芸名で、本名はJudith Newton。
 全曲「Best Of Juice Newton」(2010年ドイツ盤)に収録。

02858 Angel Of The Morning (夜明けの天使) 81年4位
 Chip Taylorが書いて68年にMerrilee Rushがヒットさせた名曲のカヴァー。邦題は朝から夜明けに変わっている。ダダダダンってリズムが印象的。歌もうまいね。アダルトコンテンポラリー・チャートでNo.1、ゴールドディスク。

02859 Queen Of Hearts (クイーン・オブ・ハート) 81年2位
 2858と同じアルバム「Juice」より、彼女最大のヒット曲。前作とは打って変わってアップテンポなカントリー・ポップ。元々はDave Edmundsが演って、英国で11位まで行くヒットになった曲。いい曲だけど、日本ではウケないかな。ゴールドディスク。

02860 The Sweetest Thing (I’ve Ever Known) (甘い出来事) 81年7位
 「Juice」より3曲目。75年の彼女のデビュー盤に入っていた曲の再録。地味なカントリー調のバラード。これもいい曲だけど、日本ではますますウケそうにもないなあ。カントリーチャート及びアダルトコンテンポラリー・チャートでNo.1。

02861 Love’s Been A Little Bit Hard On Me (愛のサンシャイン) 82年7位
 「Juice」に続くアルバム「Quiet Lies」より。彼女の曲では一番ポップ。これは日本でもウケるかも。ギターは最近亡くなったAndrew Gold

02862 Break It To Me Gently (やさしくしてね) 82年11位
 「Quiet Lies」より2曲目は、Brenda Leeの62年のヒット曲のカヴァー。名曲だから悪い訳ないが、ちょっと安易な企画かも。アダルトコンテンポラリー・チャートでNo.1。

02863 Heart Of The Night (ハート・オブ・ザ・ナイト) 82年25位
 「Quiet Lies」から3曲目。曲はちょっとロック調で(Fleetwood Mac?)、もう少しヒットしてもよかったんでは? 最高位の低さは、人気にやや翳りが出てきたってことか?

02864 Tell Her No (テル・ハー・ノー) 83年27位
 最後のTop40ヒットは、何故かZombiesの超名曲。何故ここに来たかなあ?

« Shai (シャイ) | トップページ | Angelica (アンジェリカ) »

音楽 80年代 Newton, Juice」カテゴリの記事

コメント

クイーン・オブ・ハートとか、好きだったのに、表舞台から消えてしまったねぇ。
でも、音楽活動は、やめていなくて、ずっとアルバムは出し続けているのですね。

全盛期は2年だったわけで、何故人気が落ちたかというと、全くの当てずっぽうだけれど、「Break It To Me Gently」みたいな安易なカヴァー(名曲だけど)をやったせいではないかと思った次第。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Newton, Juice (ジュース・ニュートン):

« Shai (シャイ) | トップページ | Angelica (アンジェリカ) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック