« Cash, Alvin, & The Crawlers (アルヴィン・キャッシュ&ザ・クローラーズ) | トップページ | Barretto, Ray (レイ・バレット) »

2011年5月12日 (木)

King Curtis (キング・カーティス)

 この人のサックスはホントカッコいいなあ。34年テキサス州出身のR&B畑のテナーサキソフォニスト。58年、Coastersの「Yakety Yak」の演奏で注目される。後は「フィルモア・ウエスト」でAretha Franklinの前座&バックバンドを務めたことでも有名(必聴!)。71年、John Lennonのアルバム「Imagine」の「It’s So Hard」のサックスをレコーディングした後、エアコンを担いで家へ帰る途中、ホームレスに刺され、37歳の若さで亡くなってしまった。詳しいプロフィールは日本のウィキ参照。

02712 Soul Twist (ソウル・ツイスト) 62年17位
 ファンキーなサックスが聴けるインスト(って、彼はみんなインストだが)。オルガンの音色も素敵。クレジットは、King Curtis And The Noble Knights。R&BチャートNo.1。
 Rhinoの「Rock Instrumental Classics, Vol.4: Soul」に収録。

02713 Memphis Soul Stew (メンフィス・ソウル・シチュー) 67年33位
 演奏はKingpinsだが、ギターのCornell Dupree、ドラムのBernard Purdieをはじめ強者ぞろい。ライブではBilly Prestonも一緒に演っている。メンバー紹介から入るんだけど、メチャカッコいいグルーヴを聴かせてくれます。
 2713と2714はアルバム「King Size Soul」より。

02714 Ode To Billie Joe (オード・トゥ・ビリー・ジョー) 67年28位
 Bobbie GentryのNo.1ヒットをカヴァー。原曲はむしろ歌詞を聴かせる曲なのに、それをこんなカッコいいインストにするとは! アレンジャーとしての才能もスゴい。
 クレジットはKingpinsとなっているが、これはAretha Franklinのバックバンドである。

« Cash, Alvin, & The Crawlers (アルヴィン・キャッシュ&ザ・クローラーズ) | トップページ | Barretto, Ray (レイ・バレット) »

音楽 60年代 K」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: King Curtis (キング・カーティス):

« Cash, Alvin, & The Crawlers (アルヴィン・キャッシュ&ザ・クローラーズ) | トップページ | Barretto, Ray (レイ・バレット) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック