« Tucker, Tommy (トミー・タッカー) | トップページ | Destiny’s Child (デスティニーズ・チャイルド) »

2011年5月28日 (土)

Holloway, Brenda (ブレンダ・ハロウェイ)

 モータウンで一番の美人シンガー(多分)。社長ベリー・ゴーディーに気に入られてモータウン入りし、3曲のTop40ヒットを放つが、何故か冷遇され、モータウンを去る。ネルソン・ジョージの名著「モータウン・ミュージック」にはゴーディーに宛てた抗議のレターが載っている。その後Joe Cockerのバックシンガーになるも、引退。46年カリフォルニア州生まれ。Beatlesのアメリカツアーの前座も務めている(女性シンガーでは他にMary WellsとJackie DeShannonしかいない)。

02765 Every Little Bit Hurts (悲しい季節) 64年13位
 デビューシングル。Spencer Davis GroupやSmall Facesにもカヴァーされた曲で、確かに彼らが好みそうなソウルフルなバラード。
 「The Complete Motown Singles, Vol.4」に収録(iTunesでダウンロード)。

02766 When I’m Gone (ホエン・アイム・ゴーン) 65年25位
 Mary Wellsっぽいと思ったら、元々は彼女が吹き込んだ曲だった。ハッピーなモータウンの世界! 作曲、プロデュースはSmokey Robinson。
 Rhinoの「Soul Shots Volume 3」に収録。

02767 You’ve Made Me So Very Happy (ユーヴ・メイド・ミー・ソー・ヴェリー・ハッピー) 67年39位
 Blood, Sweat & Tearsの大ヒットとしてあまりにも有名だが、オリジナルは彼女(共作)。言うまでもなく名曲。自分で曲を作るような女性アーティストは他にモータウンにはおらず、その辺が煙たがられたのかしらん。
 「Motown Love」に収録(iTunesでダウンロード)。

« Tucker, Tommy (トミー・タッカー) | トップページ | Destiny’s Child (デスティニーズ・チャイルド) »

音楽 60年代 H」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Holloway, Brenda (ブレンダ・ハロウェイ):

« Tucker, Tommy (トミー・タッカー) | トップページ | Destiny’s Child (デスティニーズ・チャイルド) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック