« Detergents, The (デタージェンツ) | トップページ | Fabares, Shelley (シェリー・フェブレー) »

2011年4月14日 (木)

Jackson, J.J. (J・J・ジャクソン)

 記念すべき1000組目のアーティスト。でも、まだ二合目にも達していないんだろうな(ため息)。それはともかく、41年ニューヨークはブルックリン出身の巨漢R&Bシンガー。本名Jerome Louis Jackson。イニシャルがJ.J.じゃないじゃん。「But It’s Alright」の一発屋だが、これは不滅のR&Bの名曲だよ。

02604 But It’s Alright (バット・イッツ・オールライト) 66年22位
 ギターのリフ、ワイルドなボーカル、スタックスっぽいホーン。シンプルだけど、最高にいいノーザン・ダンサー。レコーディングされたのはロンドンで、演奏は英国のジャズ界のトップ・ミュージシャンだそうだ。後にHuey Lewisもカヴァーしてる。
 「Love Power –Hard To Find Us Hot 100 Hits Of The 60’s」に収録。

« Detergents, The (デタージェンツ) | トップページ | Fabares, Shelley (シェリー・フェブレー) »

音楽 60年代 J」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jackson, J.J. (J・J・ジャクソン):

« Detergents, The (デタージェンツ) | トップページ | Fabares, Shelley (シェリー・フェブレー) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック