« Mojo Men, The (モジョ・メン) | トップページ | Every Mothers’ Son (エヴリー・マザーズ・サン) »

2011年3月31日 (木)

Youngbloods, The (ヤングブラッズ)

 「Get Together」を聴くと、私が大好きなIt’s A Beautiful Dayを思い出す。同じサンフランシスコのベイエリアだもんなと思っていたら、こちらは元々はボストンの出身でした。Jesse Colin Young率いるフォーク・ロックの4人組。メンバーの1人Jerry Corbittは後にDon McLeanCharlie Daniels Band(よくわからない取り合わせだが)のプロデュースを手がけている。

 

02576 Get Together (ゲット・トゥゲザー) 69年5位  Love & Peaceのアンセムとして知られる曲。67年にリリースされるもマイナー・ヒットに終わり、2年後National Conference Of Christians & Jews(キリスト教とユダヤ教の全米協議会)のラジオスポットのテーマに使われて大ヒットとなった。最初はKingston Trioが演り、以前にWe Fiveのヴァージョンがヒットしている。メロディ以上に、12弦ギターをフィーチャーしたアレンジがたまらなくいい。ゴールドディスク。
 Rhinoの「San Francisco Nights」に収録。

 

« Mojo Men, The (モジョ・メン) | トップページ | Every Mothers’ Son (エヴリー・マザーズ・サン) »

音楽 60年代 Y」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Youngbloods, The (ヤングブラッズ):

« Mojo Men, The (モジョ・メン) | トップページ | Every Mothers’ Son (エヴリー・マザーズ・サン) »

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近のトラックバック