« Ferko String Band (フェルコ・ストリング・バンド) | トップページ | Owen, Reg, And His Orchestra (レグ・オーウェン) »

2011年3月11日 (金)

Dorsey, Tommy, Orchestra (トミー・ドーシー・オーケストラ)

 Rock EraのTop40ヒットは1曲だけだが、その前のSwing Eraには200曲近いヒット曲を持っている。特に有名なのはFrank Sinatraをボーカルに据えたもので、No.1ヒットだけでも「I’ll Never Smile Again」(40年)、「There Are Such Things」(42年)、「In The Blue Of Evening」(43年)がある。
 05年ペンシルヴァニア州生まれのトロンボーン奏者でバンド・リーダー。兄のJimmyもバンド・リーダーであり、28年からDorsey Brothers Orchestraとして活動、35年に兄弟それぞれが自分のバンドを結成している。Tommyは56年に亡くなり、その後はWarren Covingtonがバンドを率いた。

02526 Tea For Two Cha Cha (二人でお茶をチャチャ) 58年7位
 クレジットはTommy Dorsey Orchestra Starring Warren Covington。Tommyは既に亡くなっており、ソロを吹いているのもCovington。ロックの時代になってからラテンダンス路線を追求したようで、この曲は25年Marion HarrisのNo.1ヒット「Tea For Two」のチャチャチャ版。オリジナルはブロードウェイ・ミュージカル「No, No, Nannet」の曲だが、50年に「Tea For Two」のタイトルで映画化され、主演したDorris Dayの歌で有名になった。チャチャチャってのはもともとのんびりした音楽だが、ホントほのぼのしてくる感じ。邦題は駄洒落みたいなことになっている。
 「Hard To Find Pop Instrumentals」に収録。

« Ferko String Band (フェルコ・ストリング・バンド) | トップページ | Owen, Reg, And His Orchestra (レグ・オーウェン) »

音楽 50年代 D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dorsey, Tommy, Orchestra (トミー・ドーシー・オーケストラ):

« Ferko String Band (フェルコ・ストリング・バンド) | トップページ | Owen, Reg, And His Orchestra (レグ・オーウェン) »

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック