« Go West (ゴー・ウエスト) | トップページ | Magic Lanterns (マジック・ランタンズ) »

2011年3月21日 (月)

Coasters, The (コースターズ)

 ドゥーワップにはバラードタイプとアップテンポタイプがあるが、後者に圧倒的な影響を与えたのがCoastersだと私は思っている。伝説的ソングライティング・チームであるLeiber & Stoller(白人)が書いた曲を5人の黒人が歌い、当時人種を超えて支持された(これに匹敵するのはPlattersのみ)。売りは何と言ってもストーリー性のあるノヴェルティ感覚。どの曲にも入ってる5人の掛け合い(?)が楽しい。
 55年ロスアンジェルスでドゥーワップ・グループRobinsを母体に結成された。ヒット曲は基本的にRhinoの「The Very Best Of The Coasters」に収録。

02545 Searchin’ (あの娘さがして) 57年3位
 「Young Blood」とのダブルA面。リードボーカルのだみ声?と軽快なピアノが対照的。R&Bチャート12週No.1、ゴールドディスク。

02546 Young Blood (ハイティーン気質) 57年8位
 「Searchin’」よりもこっちの方がCoastersの本領発揮って感じがする。5人が順番に歌うCoastersの十八番が登場する。正直面白くてカッコいい。最初に知ったのは、Bad Companyのカヴァー。Rolling Stone誌のベスト500では414位。R&BチャートNo.1。

02547 Yakety Yak (ヤキティ・ヤック〜大ほらふき) 58年1位
 彼ら唯一のNo.1ヒット。コーラスとサックスの掛け合いが楽しい。サックスはKing Curtis。R&Bチャート7週No.1、ゴールドディスク。

02548 Charlie Brown (怪漢チャーリー・ブラウン) 59年2位
 コミカルなタッチの曲が多い彼らだが、この曲はノヴェルティ・ソングとなっている。やはりKing Curtisのサックスをフィーチャーしていて、「Yakety Yak」に近いノリ。いじめられっ子の歌らしく、スヌーピーとは無関係とか。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

02549 Along Came Jones (早射ちジョーンズ) 59年9位
 これもノヴェルティ・ソング。5人の掛け合いが一番強調された曲。テーマは西部劇。後にRay Stevensがカヴァーしている。

02550 Poison Ivy (ポイゾン・アイビー〜毒ある蔦) 59年7位
 メロディはこの曲が一番。正統派R&Bだ。ブリティッシュ・インヴェイジョンにも通じるものを感じるが、実際Stonesがカヴァーしてる。サビのところが何かに似ているけど、思い出せない。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

02551 I’m A Hog For You (あなたに弱いよ) 59年38位
 「Poison Ivy」のB面。ちょっと地味かな。とてもR&Bしてるけど。

02552 Run Red Run (ラン・レッド・ラン) 60年36位
 60年代に入って曲のヒットが今ひとつになるが、これはいい曲。ピアノをフィーチャーした軽快でとても洒落たナンバー。

02553 Wait A Minute (ウェイト・ア・ミニット) 61年37位
 この曲のみ、Leiber & Stollerではなく、Bobby DarinとDon Kirshnerが作っている。でも、「Young Blood」に似過ぎ。この曲のみiTunesでダウンロード(アルバム「Coast Along With The Coasetes」収録)。

02554 Little Egypt (Ying-Yang) (かわいいエジプト娘) 61年23位
 最後のTop40もノヴェルティ・ソング。「Short Shorts」に似た世界だな。あとChipmunksみたいかな。

« Go West (ゴー・ウエスト) | トップページ | Magic Lanterns (マジック・ランタンズ) »

音楽 50年代 Coasters, The」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Coasters, The (コースターズ):

« Go West (ゴー・ウエスト) | トップページ | Magic Lanterns (マジック・ランタンズ) »

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のトラックバック