« Butler, Jerry (ジェリー・バトラー) | トップページ | Addrisi Brothers, The (アドリシ・ブラザーズ) »

2011年2月20日 (日)

Rawls, Lou (ルー・ロウルズ)

 「別れたくないのに」で知ったLou Rawlsの声は一度聴いたら忘れられない渋いバリトン。昨日紹介したJerry Butlerも手がけたGamble & Huffのプロデュース。後で知ったことだが、長期間にわたってポツポツとヒット曲を飛ばした人だ。33年シカゴ生まれ、ゴスペル・グループ出身。Sam Cooke(学校が一緒、「Bring It On Home To Me」でバックコーラスを担当)の影響を感じるところも含めて、Jerry Butlerとの共通点も多い(Curtis Mayfiledも仲間)。テレビや映画にも多く出演、バドワイザーのCMソングもやっていたとか、日本で考える以上に大スターだったみたいだ。ソウル関連の本に全然取り上げられていないのが不思議。2006年がんのため死去。
 彼のとても詳しいプロフィールの紹介を発見したので、勝手にリンクさせていただきます。

02474 Love Is A Hurtin’ Thing (恋はつらいね) 66年13位
 元々はジャズ畑の人だったそうだが、初めてのTop40ヒットは予想以上にディープなソウル。R&BチャートNo.1。

02475 Dead End Street (デッド・エンド・ストリート) 67年29位
 4分の曲の内、最初の1分37秒は台詞。なかなかヘビー。グラミー賞最優秀R&B男性ボーカル受賞。

02476 Your Good Thing (Is About To End) (ユア・グッド・シング) 69年18位
 Mable John(Little Willie Johnの姉)のマイナー・ヒットのカヴァー。60年代のヒット曲は結構泥臭いのに、Lou Rawlsの声がスムースなんで聴きやすい。

02477 A Natural Man (ナチュラル・マン) 71年17位
 ためてためてからサビに行くところがいいね。ハッピーなソウル。バックコーラスはMike Curb Congregation。2度目のグラミー賞最優秀R&B男性ボーカル受賞。

02478 You’ll Never Find Another Love Like Mine (別れたくないのに) 76年2位
 ホント渋い声だなあ。ディスコでの売れ線狙いなのはわかるけど、それにしてもよくできた曲だ。Leon Huffの弾くピアノもいいし、歌詞もエグイ。さすがGamble & Huff。R&Bチャートとアダルトコンテンポラリー・チャートでNo.1、ゴールドディスク。

02479 Lady Love (レディ・ラヴ) 78年24位
 最後のTop40ヒット。AORっぽいけれど、Lou Rawlsの声で全て解決。

« Butler, Jerry (ジェリー・バトラー) | トップページ | Addrisi Brothers, The (アドリシ・ブラザーズ) »

音楽 60年代 Rawls, Lou」カテゴリの記事

コメント

リアルタイムで聞くことができたのは、別れたくないのに と レイディラブ だけでしたが、心温まる珠玉の名曲ですね。

masa itohさん、こんばんは。
「別れたくないのに」は当時はそれほど好きだった訳ではないのですが、改めて聴くといいなあと思いました。

ソウル系の曲は守備範囲外のはずなのですがいい曲はいいっ ので You’ll Never Find Another Love Like Mine は文句なしに好きな曲です ゆーごなみすまっらべーーん ゆごな ゆごな みすまっらぁぁぁあべーーん♪ たまりませんです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rawls, Lou (ルー・ロウルズ):

« Butler, Jerry (ジェリー・バトラー) | トップページ | Addrisi Brothers, The (アドリシ・ブラザーズ) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック