« Flint, Shelby (シェルビー・フリント) | トップページ | Manchester, Melissa (メリサ・マンチェスター) »

2011年2月 5日 (土)

Pericoli, Emilio (エミリオ・ペリコリ)

 先日紹介したDomenico Modugnoと同じように、イタリア語の曲をアメリカでヒットさせたイタリア人シンガー。他にもいるのかなあ? 28年生まれで俳優としても活動していた。「Uno Per Tutte」という曲で、63年のサンレモ音楽祭優勝、ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト3位を獲得している。正確な読みは多分ペリコーリだと思う。

02427 Al Di La (アル・ディ・ラ) 62年6位
 オリジナルはBetty Curtis で、61年のサンレモ音楽祭の最優秀曲。カヴァーも多く、アメリカではRay Charles Singersのヴァージョンが64年にTop40入りしている。Emilio Pericoliのヴァージョンはトロイ・ドナヒュー、スザンヌ・プレシェット主演の映画「恋愛専科」(Rome Adventure)で使われた。いかにもイタリアの歌って感じで、ドラマティックな映画音楽風。巻き舌っぽいのが可笑しい。ジャンピエロ・ロネッシ楽団の演奏。
 「Hard-To-Find 45s On CD Volume.5 Sixties Pop Classics」に収録。

« Flint, Shelby (シェルビー・フリント) | トップページ | Manchester, Melissa (メリサ・マンチェスター) »

音楽 60年代 P」カテゴリの記事

コメント

>イタリア語の曲をアメリカでヒットさせたイタリア人シンガー。他にもいるのかなあ?
Al Martinoは?と思ったら、彼は米国人なんですね。

イタリア系アメリカ人は沢山いますよね。
Dean MartinとかFour Seasonsとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pericoli, Emilio (エミリオ・ペリコリ):

« Flint, Shelby (シェルビー・フリント) | トップページ | Manchester, Melissa (メリサ・マンチェスター) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック