« Daniels, Charlie, Band (チャーリー・ダニエルズ・バンド) | トップページ | Mann, Carl (カール・マン) »

2010年12月20日 (月)

Watley, Jody (ジョディ・ワトリー)

 80年代後半を代表する売れ線R&B女性シンガー。この手が一番新しくてかっこよく聴こえたっけなあ。ソングライターであり、ダンサーであり、美形モデル?でもあった。
 59年シカゴに生まれ、ロスアンジェルスで育つ。Jackie Wilsonの孫だそう。10代でソウルトレイン・ダンサーズの花形となり、77年にShalamar(そう言えばいたなあ)に参加。84年に脱退して、ロンドンに渡っているが、その時にMusical YouthのレコーディングやBand Aidに参加したりしている。彼女の新しい感覚とかモードっぽさはこの辺にも理由があるのか? 87年にソロデビュー、いきなりブレイク、グラミー賞のベストニューアーティストを獲得。どーでもいいが、集英社の「SPUR」誌の創刊号(89年11月号)の表紙を飾っている。2000年以降もダンスチャートではヒットしてるようだ。来年の1月にもまた来日するみたい。

02271 Looking For A New Love (ルッキン・フォー・ア・ニュー・ラヴ) 87年2位
 当時流行ってた音だなあというのが感想。Janet Jacksonと双璧って感じ。共作、プロデュースは後の旦那さんAndre Cymone。R&BチャートNo.1。

02272 Don’t You Want Me (ドント・ユー・ウォント・ミー) 87年6位
 2271から2273はデビューアルバムより。ファンの人には申し訳ないが、基本みんな同じに聴こえる。いや、好きだけど、と言うか、とにかく懐かしいなあ。これはChicのBernard Edwardsのプロデュース。

02273 Some Kind Of Lover (サム・カインド・オブ・ラヴァー) 88年10位
 これが一番好きかなあ。キーボードがカッコいい。Princeっぽいね。そもそもAndre Cymoneってプリンスのとこの人だったな。

02274 Real Love (リアル・ラヴ) 89年2位
 2ndアルバムより。路線は変わらず。ビデオクリップは有名。ゴールドディスク、R&BチャートNo.1。

02275 Friends (フレンズ) 89年9位
 クレジットはJody Watley With Eric B. & Rakim。ブリッジにゲスト・ラッパーを起用したヒット・シングルの先駆け(Chaka Khanの「I Feel For You」の方が先だが)。その後当たり前になるわけだが、当時は新鮮だったような気がする(ホントはもう忘れた)。

02276 Everything (エヴリシング) 89年4位
 2276までは2ndアルバム収録。彼女としては初のバラード・ヒット。間奏のサックスが好きかな。「Real Love」「Everything」と私の大好きなMary J. Bligeと同じタイトルのヒット曲があるが、別にカヴァーじゃないんだよね。

02277 I’m The One You Need (アイム・ザ・ワン・ユー・ニード) 92年19位
 3rdアルバムより最後のTop40ヒット。路線が変わった。Swing Out Sisterとかを思い出した。共作、プロデュース、リミックスはトップDJのDavid Morales。96年にBabyfaceがShalamarをカヴァーした「This Is For The Lover In You」に元Shalamarのメンバーの1人として参加しているが、これはそちらの項で。

« Daniels, Charlie, Band (チャーリー・ダニエルズ・バンド) | トップページ | Mann, Carl (カール・マン) »

音楽 80年代 Watley, Jody」カテゴリの記事

コメント

Everything とか、かつてのJ-Waveのおしゃれな選曲路線の代表作のイメージがあるよね。私の選曲フォーマットとは違うのだけれど。

あの頃だと、Janet Jackson、Jody Watley、Paula Abdulはみんなダンスうまいし、オシャレで、かっこよかったなあ。

私は『Looking For A New Love』が一番好きかな。
後になるほどクセが抜けてありきたりになった気がします。

>かつてのJ-Waveのおしゃれな選曲路線
なるほど。
でも、ジョン・カビラとかキャロル久末ではなくキャラ・ジョーンズとかのセンスかな!?

かてぶしさん、こんばんは。
キャラ・ジョーンズって、どんな人でしたっけ?

>キャラ・ジョーンズって、どんな人でしたっけ?
無駄な喋りがほとんどなくて、確か全部英語だった(思い違いかもしれないけど)。
その喋りに独特の節があって、グルーブ感が気持ちよかった。

私にとって Jodyはシャラマーの人ってイメージです。最近は毎年来日しているようですが、シャラマーの曲は1曲も歌わないそうです…
封印がとけたら一度Live見に行こうと思ってます

ソロが嫌いというわけではなく、 Everythingなどはかなり好きです

しつこくキャラ・ジョーンズの話。
>その喋りに独特の節があって、
ちょうどCarol Douglasの『Doctor's Orders』の台詞みたいな感じかな。

chanparaさん、おはようございます。
逆に私はJodyとShalamarのイメージが全然つながっていませんでした。
でもShalamarの映像を見たら、ソロになってからのカッコいい(怖い?)ダンスではなく、スゴくダンスが可愛いんで嬉しくなりました。
JodyにとってはShalamar時代って、あまり思い出したくない過去なのかしらん?

かてぶしさん。
やっぱりキャラ・ジョーンズって思い出せません。
キャロル久末はよく覚えてますけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Watley, Jody (ジョディ・ワトリー):

« Daniels, Charlie, Band (チャーリー・ダニエルズ・バンド) | トップページ | Mann, Carl (カール・マン) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック