« Luman, Bob (ボブ・ルーマン) | トップページ | Getz, Stan (スタン・ゲッツ) »

2010年12月26日 (日)

Lightfoot, Gordon (ゴードン・ライトフット)

 カナダのオンタリオ州出身(38年生まれ)のシンガーソングライターでギタリスト。フォーク畑の人だけど、声は豊かなバリトンでフォークっぽくないかな。アダルトコンテンポラリーっぽいというか。DylanやPPMのマネジャーをやっていたアルバート・グロスマンに見出され、65年にPPMが彼の作品「For Lovin’ Me」や「Early Morning Rain」を取り上げてヒットさせたことで、注目された。70年ワーナー系のリプリーズに移籍、バーバンク・サウンドの立役者レニー・ワロンカーのプロデュースによってヒットを連発することになる。Dylanも彼のファンだと公言しているらしいが、日本では話題にならない人だよねえ。

02283 If You Could Read My Mind (心に秘めた想い) 71年5位
 シンガーソングライター・ブームの中で生まれた自身の初ヒット。後のJim Croceとかにも通じる優しい歌声とメロディ。名曲だね。アダルトコンテンポラリー・チャートNo.1。

02284 Sundown (サンダウン) 74年1位
 フォークがベースだけど、どこかしらファンキーな、これも名曲。アダルトコンテンポラリー・チャートNo.1。ゴールドディスク。

02285 Carefree Highway (ケアフリー・ハイウェイ) 74年10位
 アルバム「Sundown」より、アリゾナ州の実在のハイウェイを歌った曲。前の2曲がよすぎるんで、この曲はちょっと。アダルトコンテンポラリー・チャートNo.1。

02286 Rainy Day People (雨の日の人々) 75年26位
 彼らしい優しい小品って感じ。これ以上洗練されて欲しくないけどね。アダルトコンテンポラリー・チャートNo.1。

02287 The Wreck Of The Edmund Fitzgerald (エドモンド・フィッツジェラルド号の難破) 76年2位
 75年11月にスペリオル湖に沈んだ大型貨物船のことを歌っている。生存者はなく、五大湖史上最悪の事故だそうだが、こんな悲劇があったんだ。当時は全然知らなかった。1つのメロディを6分以上繰り返す曲なんで、歌詞がわからないと魅力半減かも。

02288 The Circle Is Small (I Can See It In Your Eyes) (ザ・サークル・イズ・スモール) 78年33位
 最後のTop40ヒット。全く記憶にない。アコギを前面にフィーチャーしていて、ちょっと昔に戻った感じがする。

« Luman, Bob (ボブ・ルーマン) | トップページ | Getz, Stan (スタン・ゲッツ) »

音楽 70年代 Lightfoot, Gordon」カテゴリの記事

コメント

ゴードン・ライトフッドといったら「エドモンド・フィッツジェラルド号の難破」です 当時はラジオ等ではカットしてたんでしょうね 最初に全編聴いた時には“なんでこんなに長いんだぁ”と思いました(笑) サンダウンを知ったのはずーっとずーーっと後のことでした 最近と言ってもいいかも(^^;

エドモンドフィッツジェラルド号の難破が前年の事故のことを歌った歌ということは、このブログを書いた時に初めて知りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519177/50332327

この記事へのトラックバック一覧です: Lightfoot, Gordon (ゴードン・ライトフット) :

« Luman, Bob (ボブ・ルーマン) | トップページ | Getz, Stan (スタン・ゲッツ) »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック