« Bennett, Joe, And The Sparkletones (ジョー・ベネットとザ・スパークルトーンズ) | トップページ | Lettermen, The (レターメン) »

2010年10月24日 (日)

Frampton, Peter (ピーター・フランプトン)

 「Frampton Comes Alive!」は何故あんなに売れたんだろう? 嫌いなわけじゃないが、2枚組のライヴ盤がいきなり10週No.1ってのはなあ(ライヴ盤でブレイクしたアーティストというと、KissCheap Trickもいるけど)。
 50年英国生まれ。アイドルバンドHerd、元Small FacesのSteve Marriottと組んだHumble Pie、Frampton’s Camelを経てソロに。脱アイドル(美少年)、実力派ギタリストを目指しての道を歩む。David Bowieは高校の先輩でよく一緒にギターを弾いていたとか。George Harrisonの「All Things Must Pass」に参加していることも有名。

02146 Show Me The Way (ショウ・ミー・ザ・ウェイ) 76年6位
 アメリカだけで600万セット以上、世界で1600万セット以上売れた「フランプトン・カムズ・アライヴ」より。ポップだから好き。トーキング・モジュレーターが印象的。

02147 Baby, I Love Your Way (君を求めて) 76年12位
 2148までの3曲は「フランプトン・カムズ・アライヴ」からのシングルカット。今ではBig Mountainのカヴァーの印象が強い。メロディアスでいい曲だと思う。調べたら、Will To Powerのカヴァー(Freebirdとのメドレー)も1位になってるんだね。

Dsc_00021_2

02148 Do You Feel Like We Do (紫の夜明け) 76年10位
 当時はあまり好きではなかったんだが(メロディが単調に思えて)、久しぶりにFramptonを聴いたら一番これがよかったなあ。ロックの時代のロックのライヴだ。お得意のトーキング・モジュレーターも炸裂。

02149 I’m In You (アイム・イン・ユー) 77年2位
 あれだけ当てた後のプレッシャーはスゴかったんだろうなあ。シングルもアルバムも最高位2位は立派。やはり当時はあまり興味なかったんだが、ギターの短いフレーズとかいいですね。

02150 Signed, Sealed, Delivered (I’m Yours) (涙をとどけて) 77年18位
 Stevie Wonderの70年のヒット曲のカヴァー。この人のベースはBeatlesとMotownなのかなあ。

02151 I Can’t Stand It No More (スタンド・イット・ノー・モア) 79年14位
 Beatlesみたい。そういえば、77年にはBee Gees等と映画「サージェント・ペパーズ」に出演したんだよね。すっかり過去の人かと思ってたら、2007年にグラミーでベスト・ポップ・インストルメンタル・アルバム賞なんてのを受賞してるんだ。私にはギタリストとしての実力は全然わからないんですが、どうなんでしょう?

« Bennett, Joe, And The Sparkletones (ジョー・ベネットとザ・スパークルトーンズ) | トップページ | Lettermen, The (レターメン) »

音楽 70年代 Frampton, Peter」カテゴリの記事

コメント

彼については、ちょっと印象が違ってるみたいですね。

■『Show Me The Way』
>ポップだから好き。
私は逆にただのポップ・チューンにしか感じられず、何がおもしろいのかなぁと思っていた。

■『Baby, I Love Your Way』
この曲のスタジオ・バージョンはあまりに凡庸で、それと比べるとライブ版はずっといいのだけど、いかにもなセカンド・シングルで、これも別に……。
いや、嫌いというわけじゃないですけど。

■『Do You Feel Like We Do』
私は、当時これが絶品だと思っていました。
まさにライブならではの曲。
長いアルバム・バージョンも、シングル・バージョンも、両方悪くない。
ところで当時の邦題は「紫の夜明け」だったと思いますが。

■『I'm In You』
という具合に、「Frampton Comes Alive!」は「よく売れてるなぁ」ぐらいの印象でしか聴いた記憶がないのだが、アルバム「I'm In You」は一時期ハマった。こっちの方がずっと個性豊かで格調も高いと思っていました。
で、シングルにするとどうかな、という曲が多いように感じたのだけど、このタイトル・トラックは見事。
今聴いてもいい曲ですね。ピアノと抑え気味のギターのからみが絶妙だと思う。
歴史に残る名曲(というとちょっとホメ過ぎ?)。

当時は「Show Me The Way」と「Baby, I Love Your Way」が好きだったと記憶していたのですが、久しぶりに聴き直したら、かてぶしさんの言う通り、「Do You Feel Like We Do」と「I’m In You」がいいなと思いました。
そう言えば、「紫の夜明け」でしたね。忘れてた。

カムズアライブ 当時買っちゃいました 今でも持ち続けています(^^; Show Me The Wayが一番だと思ってますが Baby, I Love Your WayもI’m In YouもDo You Feel Like We Doもイイもんはいいっ そういや武道館までコンサート観に行ったんだった ナマPeter見てるんだった~

ピーター・フランプトンのコンサートに行かれたんですか。78年に来日したみたいですね。ロックバンドは2枚組のライブ盤を出すと人気がなくなるというジンクスがあった気がしますが、逆に大スターになった稀有な例かもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519177/49761686

この記事へのトラックバック一覧です: Frampton, Peter (ピーター・フランプトン) :

« Bennett, Joe, And The Sparkletones (ジョー・ベネットとザ・スパークルトーンズ) | トップページ | Lettermen, The (レターメン) »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック