« Doors, The (ドアーズ) | トップページ | Ingmann, Jorgen, & His Guitar (ヨルゲン・イングマン) »

2010年9月 6日 (月)

Jay & The Americans (ジェイとアメリカンズ)

 60年代を通じてヒット曲を出し続けたニューヨーク・クイーンズ出身のポップ・ボーカル・グループだが、ノリ的には古き良き50年代って感じ。リードボーカルJohn “Jay” Traynorを含む5人組だったが、Traynorが脱退、David BlattがJay Blackと名乗って引き継いだ。メンバーはイタリア系アメリカ人で、ラテンっぽさが売り。

02003 She Cried (涙のさよなら) 62年5位
 この曲だけは初代Jayが歌っている。カンツォーネ風? プロデュースはLeiber & Stroller。Shangri-Lasが「He Cried」のタイトルでカヴァー。

02004 Only In America (オンリー・イン・アメリカ) 63年25位
 Leiber & StrollerとWeil & MannDriftersに歌わせようと作った曲だと、萩原健太氏の本に書いてあった。「貧しい俺だって大統領になれるのはアメリカだけだ」というのを黒人が歌うという企画だったそうだが、さすがにこの時代では無理だったようだ。

02005 Come A Little Bit Closer (もっと寄りそって) 64年3位
 Monkeesのソングライティングで有名なTommy Boyce & Bobby HartとWes Farrelの作品。Drifters×「La Bamba」みたいな感じ。まさにBeatles上陸の一方で、この曲が大ヒットしていたんだなあ。ロックの対極にあるような音楽だが、よくできてる。

02006 Let’s Lock The Door (And Throw Away The Key) (レッツ・ロック・ザ・ドア) 65年11位
 2005に似たラテンノリのコーラス。作者のWes Farrell(2005の共作者)は「Hang On Sloopy」を書いた人。

02007 Cara, Mia (カラ・ミア) 65年4位
 巨匠Mantovaniのヒット曲のカヴァー。昔だったら一番苦手だったろうに、よくできてるなあと今では感心する。65年の音とは思えないが。でも4 Seasons風かな。プロデュースはGerry Granahan

02008 Some Enchanted Evening (魅惑の宵) 65年13位
 49年初演のミュージカル「南太平洋」のスタンダードのカヴァー。ロックの隆盛の一方で、こういう曲がしっかり売れてたんだなあと改めて思う。音楽聴いてるのは若者ばかりじゃないし、イタリア系アメリカ人も大勢いたんだから、当たり前か。

02009 Sunday And Me (サンデイ・アンド・ミー) 65年18位
 Neil Diamondの初期の作品。ラテンノリの熱唱とコーラスという基調は全く変わらず。

02010 Crying (クライング) 66年25位
 Roy Orbisonの61年の大ヒットのカヴァー。Jay Blackの声が彼に似ていたことがカヴァーにつながったらしいが、確かに2007や2008の熱唱を聴くと近いものを感じる。ホント名曲。

02011 This Magic Moment (ディス・マジック・モーメント) 69年6位
 オリジナルはDriftersの60年のヒットだが、オリジナルを超えるヒットを記録している。Righteousほどではないが、薄〜いブルーアイドソウルって感じ。ゴールドディスク。

02012 Walkin’ In The Rain (ウォーキン・イン・ザ・レイン) 70年19位
 もちろん原曲はRonetts。これが最後のTop40ヒットとなるが、さすがに70年代に生き残ることは出来ない音だった。ところでこのグループの後期の準メンバーに若きWalter BeckerとDonald Fagen、つまりSteely Danがいたというのには驚いた。

« Doors, The (ドアーズ) | トップページ | Ingmann, Jorgen, & His Guitar (ヨルゲン・イングマン) »

音楽 60年代 Jay And The Americans」カテゴリの記事

コメント

ウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲンが後期のジェイとアメリカンズの準メンバーだったとは全くもって驚きです。もっとも、フェイゲンは"ナイト・フライ"でディオンの"ルビー・ベイビー"をカバーしていましたから、50年代風のポップスもたっぷり聴いてたんでしょうね。

NewbornEyesさん、はじめまして。2人は70年から71年頃、バックで演奏してたみたいです。スティーリー・ダン結成の直前ですね。フェイゲンがルビー・ベイビーをカバーしてたなんて、すっかり忘れてました。スティーリー・ダンの曲にしか聴こえませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jay & The Americans (ジェイとアメリカンズ):

« Doors, The (ドアーズ) | トップページ | Ingmann, Jorgen, & His Guitar (ヨルゲン・イングマン) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック