« Sherrys, The (シェリーズ) | トップページ | Stevens, Cat (キャット・スティーヴンス) »

2010年9月26日 (日)

Cowsills, The (カウシルズ)

 「牛も知ってるカウシルズ」って、リアルタイムではありませんが。リクエストコーナーの雨特集では、必ずCascadesの「悲しき雨音」と一緒に「雨に消えた初恋」がかかったという印象があります。どちらも雨のSE入りというところも共通点でした。65年にロードアイランド州で結成されたファミリー・グループの先駆け。カウシル家のお母さんとその息子5人、娘1人の計7人が最終的なメンバー。Partridge Familyの原型と言われています。とても詳しいサイトを見つけたので、リンクしておきます。

02054 The Rain, The Park & Other Things (雨に消えた初恋) 67年2位
 雨音とオルガンから始まる珠玉の名曲。素晴らしいコーラスワークが聴ける、これこそポップスでしょう。ところで、前から思ってたんですが、タイトルは歌詞には出てこないんですよね。ゴールドディスク。

02055 We Can Fly (空飛ぶ心) 68年21位
 「雨に消えた初恋」の一発屋と勘違いされがちですが、そんなことはありません。私はこの手の曲を60年代後半の「夢見るコーラス」と呼んでいますが、Spanky & Our Gangとかと並んで好きな音です。

02056 Indian Lake (インディアン・レイク) 68年10位
 1910 Fruitgum Co.の「Indian Giver」を思い出しました。どこかしら似ているのは、彼らの「インディアン」のイメージなんでしょうか? 同じ頃ヒットしたDon Fardonの「Indian Reservation」は先住民の悲劇を描いていましたが、この頃白人は「インディアン」をどのように捉えていたのでしょう?

02057 Hair (ヘア) 69年2位
 ロックミュージカルの元祖「Hair」のタイトル曲。ミュージカルの曲らしい構成です。このミュージカルからは5th Dimensionの「輝く星座」、Oliverの「Good Morning Starshine」といったカヴァーがヒットしています。ゴールドディスク。

« Sherrys, The (シェリーズ) | トップページ | Stevens, Cat (キャット・スティーヴンス) »

音楽 60年代 C」カテゴリの記事

コメント

私もカウシルズはこれだけだと思っていました。実際シングル盤でこれ1枚しか持っていません。でもコーラス・グループはいいですね、ビーチ・ボーイズのコーラスもきれいですが。ところで、Cでグレン・キャンベルが出てこないのですが。ラインストーン・カウボーイなど大好きなのですが。

Country Boyさん、こんばんは。
Glen Campbellはヒットが多くて、持っていない曲がまだ沢山あるため、紹介できないのです。
ところで、お名前はGlen Campbellから来ているのですか?

SAKURAM様
お返事ありがとうございます。
まあ、そういったところです。シティ・ボーイじゃない田舎者といった意味合いも兼ねて。やはりアメリカはC&Wの国なんですかね。
私は節操がないというか何でも聴きます、ラテン音楽も好きだし、カンツォーネもシャンソンも好きです。特にポップ・ヴォーカルがいいですね、バディ・クラークの「リンダ」とかヴィック・ダモンの「君住む街角」、ビリー・エクスタインの「マイ・フーリッシュ・ハート」などもう最高です。R&Bとかソウルはどちらかといえば少ないです。

このブログは1曲でもTop40ヒットがあれば取り上げるので、いずれVic Damoneは登場すると思います。
気長におつきあいください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cowsills, The (カウシルズ):

« Sherrys, The (シェリーズ) | トップページ | Stevens, Cat (キャット・スティーヴンス) »

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のトラックバック