« Holden, Ron (ロン・ホールデン) | トップページ | Corsairs (コルセアーズ) »

2010年8月 5日 (木)

Skip & Flip (スキップとフリップ)

 SkipはClyde Battin、FlipはGary Paxton、アリゾナ大学のクラスメートが結成したデュオ。PaxtonはHollywood Argyles(実際はソロ)として「Alley-Oop」をNo.1ヒットさせ、後にプロデューサー/エンジニアとしてBobby Boris Pickett & The Crypt-Kickersの「Monster Mash」やAssociationの「Cherish」等にかかわる。一方、Battinは69年から72年の間にはあのByrdsに参加している。

01935 It Was I (イット・ウォズ・アイ) 59年11位
 Paxtonのオリジナル。Everly Brothersみたいなハーモニーの美しいポップソング。50年代の曲だが、ブリティッシュ・インヴェイジョンのビート・グループにつながるものを感じる。

01936 Cherry Pie (おいしいチェリーパイ) 60年11位
 こちらはドゥーワップ・グループMarvin And Johnnyのカヴァー。1935よりヒットしたのは後なのに、古めかしいのはそのせいか。イントロはPhil Phillipsの「Sea Of Love」みたいかな。

« Holden, Ron (ロン・ホールデン) | トップページ | Corsairs (コルセアーズ) »

音楽 50年代 S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Skip & Flip (スキップとフリップ):

« Holden, Ron (ロン・ホールデン) | トップページ | Corsairs (コルセアーズ) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック