« Hootie & The Blowfish (フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ) | トップページ | Shades Of Blue (シェイズ・オブ・ブルー) »

2010年8月23日 (月)

Gin Blossoms (ジン・ブロッサムズ)

 87年アリゾナ州で結成、カレッジチャートから人気の出た5人組。昨日のHootie & The Blowfishとほぼ同時期、広い意味では同じオルタナなのだが、音はかなり違って、こちらはパワーポップと言っていいほどメロディが立っている。正直私はこっちの方が好みです。97年解散も、02年再結成。

01970 Hey Jealousy (ヘイ・ジェラシー) 93年25位
 400万枚売ったメジャーデビューアルバム「New Miserable Experience」より、最初のギタリストDoug Hopkinsの作品。Hopkinsはリリース後にアルコール中毒でバンドを脱退、自殺してしまう。曲はキャッチーで適度に叙情性もあり。もっと売れてよかったんでは?

01971 Found Out About You (ファウンド・アウト・アバウト・ユー) 93年25位
 これもHopkinsの作品。キャッチーさでは1970より落ちる。カレッジチャートつながりで、REMとかに近いかな。モダンロックチャートNo.1。

01972 Until I Fall Away (アンティル・アイ・フォール・アウェイ) 94年21位(Airplay)
 1972までは同じアルバムから。リードボーカルのRobin Wilson等の作品。やっぱりキャッチーさは落ちるなあ。

01973 Allison Road (アリソン・ロード) 94年24位(Airplay)
 ギターの感じはどれも同じだなあ。繰り返しになるが、このバンドはメロディがキャッチーじゃないとつらいわ。

01974 Follow You Down (フォロー・ユー・ダウン) 96年9位
 彼ら最大のヒット。メロディがどキャッチー。当然売れるわな。イントロのハモニカも素敵。

01975 Til I Hear It From You (ティル・アイ・ヒア・イット・フロム・ユー) 96年11位
 1974のB面、とはもう言わないか。同じシングルに収録。映画「Empire Records」のサントラより。バンドメンバーに加え、Marshall Crenshawが作曲に関わっている。彼らのヒット曲の中では一番叙情性に振れている。

« Hootie & The Blowfish (フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ) | トップページ | Shades Of Blue (シェイズ・オブ・ブルー) »

音楽 90年代 Gin Blossoms」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gin Blossoms (ジン・ブロッサムズ):

« Hootie & The Blowfish (フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュ) | トップページ | Shades Of Blue (シェイズ・オブ・ブルー) »

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

最近のトラックバック