« Orrico, Stacie (ステイシー・オリコ) | トップページ | Reno, Mike (マイク・レノ) »

2010年7月12日 (月)

Loverboy (ラヴァーボーイ)

 80年代に9曲ものTop40ヒットがあるのだが、「それ行け!ウィークエンド」以外引っかかってないのは何故だろう? ハードロックが嫌いなわけでは全然ないし、当時はずいぶん聴いてたはずなんだが。正当派すぎて面白みに欠けるのかな? 80年カナダで結成された5人組。私が持っているベストのタイトルは「We Are The ‘80s」!

01851 Turn Me Loose (ターン・ミー・ルース) 81年35位
 1stアルバムから。ポップでよくできたハードロックチューン。プロデュースは1856〜1858を除いて、Bon JoviAerosmith等で知られるBruce Fairbairn。

01852 Working For The Weekend (それ行け!ウィークエンド) 82年29位
 何と言ってもこの曲でしょう。サビがピカイチだし、後は間奏のリフに尽きるよね。邦題もすてき。2ndアルバムの「Get Lucky」(赤い革のパンツのお尻のところでピースマークのジャケ)より。

01853 When It’s Over (イッツ・オーヴァー) 82年26位
 ミドルテンポのバラードロック。Mike Renoの歌い方のせいか、Foreignerみたい。これも2ndアルバムから。バッキングボーカルはNancy Nash。

01854 Hot Girls In Love (ホット・ガールズ) 83年11位
 3rdアルバムより。1曲ずつにコメントをつけるのはつらいなあ。基本的にみんな同じ。

01855 Queen Of The Broken Hearts (ブロークン・ハート) 83年34位
 これも3rdアルバムから。サビの明るさが彼らの本領だね。MTVでよくかかった。

01856 Lovin’ Every Minute Of It (ラヴィン・エヴリ・ミニット) 85年9位
 4枚目のアルバムだけはプロデューサーがBruce FairbairnからTom Allom (Judas Priest等)に替わっている。Def Leppardっぽく、ちょっとヘビーに。プロデューサーの影響かな。Mutt Lange作。何故かこれが最大のヒット。彼らの本領ではないと思うが。

01857 This Could Be The Night (ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト) 86年10位
 同じく4枚目のアルバムより。ハードロックバンドがバラードで当てちゃう、私が嫌いなパターン。Loverboy、お前もか。JourneyのJonathan Cainが共作。やっぱり。

01858 Heaven In Your Eyes (へヴン・イン・ユア・アイズ) 86年12位
 映画「Top Gun」に使われた曲。バラードで味をしめて堕落していく私が嫌いなパターン。Foreignerじゃないんだから。

01859 Notorious (ノトーリアス) 87年38位
 プロデューサーがBruce Fairbairnに戻って、曲調も元に戻ったが、最後のTop40ヒット。Bon JoviのJon Bon Jovi、Richie Samboraが共作。確かにちょっとBon Joviっぽい。Duran Duranにも同じタイトルの曲があった。

« Orrico, Stacie (ステイシー・オリコ) | トップページ | Reno, Mike (マイク・レノ) »

音楽 80年代 Loverboy」カテゴリの記事

コメント

01852 Working For The Weekend それ行け!ウィークエンド ごきげんなロック。元気一杯。ちょっと前までテレ東の日曜夕方のドライブ旅番組のテーマ曲に使われていましたね。

「それ行け!ウィークエンド」は上にも書いたけど、間奏(とエンディング)のリフが一番好きなんですよ。

ラヴァーボーイは「Working for the weekend」と「Hot girls in love」をラジオにリクエストしました。前者は犯罪ゲーム「グランドセフトオート・バイスシティ」の中のラジオで知りました。後者は黄色いビートルで急ぐ金髪女のPVが好きです。春先にBSハイビジョンで深夜に80年代PV特集を毎日長々とやっていたのを録画しました。2番で♪ウ~~といい声を出すボーカルのバンダナと赤い革スーツは今の時代から見るとかなり恥ずかしいですが、当時のとても高価なシンセサイザーを使っていたらしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Loverboy (ラヴァーボーイ):

« Orrico, Stacie (ステイシー・オリコ) | トップページ | Reno, Mike (マイク・レノ) »

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック