« Blues Brothers (ブルース・ブラザーズ) | トップページ | Oasis (オアシス) »

2010年5月 2日 (日)

Luniz (ルーニーズ)

 ドクター・ドレーに始まるGファンクの流れを受けていると思われるラップ・デュオ。95年カリフォルニア州オークランドで結成。

01708 I Got 5 On It (アイ・ガット・ファイブ・オン・イット) 95年8位
 英国で3位、ヨーロッパでも大ヒットしたラップ・ナンバー。ゲスト・ボーカルはTimex Social ClubのMichael Marshall。Dr.DreやSnoop Doggy Doggを思わせる不穏なバック・トラックは好み。その後の消息を聞かないが。プラチナディスク。

« Blues Brothers (ブルース・ブラザーズ) | トップページ | Oasis (オアシス) »

音楽 90年代 L」カテゴリの記事

コメント

SAKURAM氏の言う
>Dr.DreやSnoop Doggy Doggを思わせる不穏なバック・トラック
と同じものを指しているのかどうかわかりませんが、このサンプリングのネタ元曲はかなり気に入ってよく聞いていました。
ところが、音はよみがえるんだけど誰のなんていう曲かがどうしても出てこない!
半日考えて、やっとClub Nouveauの『Why You Treat Me So Bad』だということを思い出しました。

かてぶしさん、お久しぶりです。
確かにバックトラックは、Club Nouveauの「Why You Treat Me So Bad」ですね。
この曲はいろいろサンプリングされていて、Jennifer Lopezの「I'm Gonna Be Alright」やAshantiの「Only U」もそうです。
あと、ジャンジャンってところは、Kool & The Gangの「Jungle Boogie」。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Luniz (ルーニーズ):

« Blues Brothers (ブルース・ブラザーズ) | トップページ | Oasis (オアシス) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック