« ABC (ABC) | トップページ | M/A/R/R/S (マーズ) »

2010年3月29日 (月)

Human League, The (ヒューマン・リーグ)

 昨日のABCに次いで、今日も第2次ブリティッシュ・インヴェイジョン、ニューロマンティックのシンセポップである。初めてHuman Leagueを聴いた時はもっとアヴァンギャルドな音で、このグループがアメリカでヒットする、しかもNo.1を2曲も出すとは夢にも思わなかった。77年、ABCと同じ英国のシェフィールドで結成。第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの先駆的存在だが、正直あまり好みではない。ボーカルのPhilip Oakeyは不動だが、初期メンバーは脱退してHeaven 17を結成。一時メンバーは6人いたが、いつの間にかPhil Oakeyと女性2人のトリオに。ところで、女性メンバーはPhil Oakeyがクラブで踊っていた当時女子高生の2人をスカウト(ナンパ?)し、ツアーメンバーにしてしまったらしいが、すごい話ではある。

01651 Don’t You Want Me (愛の残り火) 82年1位
 彼らのシンセポップが、この曲の世界的ヒットによって、その後の音楽に与えた影響は大きい。女性ボーカルの素人っぽさがツボにはまる。男性ボーカルも素人っぽいノリは一緒だけど。英国でもNo.1。ゴールドディスク。

01652 (Keep Feeling) Fascination (ファシネーション) 83年8位
 シンセのリフがキャッチー。英国では2位。

01653 Mirror Man (ミラー・マン) 83年30位
 曲がどうこうの以前に、どうしてもタイトルから「♩朝焼けの光の中に立つ影は♩」というのを思い出しちゃうんだよな。モータウンっぽいかな。

01654 Human (ヒューマン) 86年1位
 しばらく鳴りを潜めていたHuman Leagueだが、プロデューサーにJam & Lewisを起用して復活。なるほどその手があったか、って感じ。曲もJam & Lewisで、確かにJanet Jacksonとかを連想させる。曲調は今までと違うバラードで、Phil Oakeyの声にもやや人間味が?

01655 Heart Like A Wheel (ハート・ライク・ア・ホウィール) 90年32位
 この手のグループにしては、息が長い。90年になってもTop40ヒットが出せたというのはすごい。曲は哀愁ユーロビートみたいで今イチだけど。

01656 Tell Me When (テル・ミー・ホェン) 95年31位
 95年の最後のTop40ヒット。Pretenders並みにしぶとい。曲は原点回帰してます。

« ABC (ABC) | トップページ | M/A/R/R/S (マーズ) »

音楽 80年代 Human League, The」カテゴリの記事

コメント

かつて銀座にあった世界の雑誌が置いてあるギャラリーというか図書館が有りました。香港の雑誌に「人類連盟」と中国語で記載されておりました。

mass itouさん、こんばんは。
坂井隆夫が言ってたような気がしますが、「小川楽団」とか「村人」とかを思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Human League, The (ヒューマン・リーグ):

« ABC (ABC) | トップページ | M/A/R/R/S (マーズ) »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック