« M/A/R/R/S (マーズ) | トップページ | Waterfront (ウォーターフロント) »

2010年3月31日 (水)

Climie Fisher (クライミー・フィッシャー)

 しばらくは「Now That’s What I Call Music!」のUK盤から紹介していく予定。Climie Fisherというのはずっと人名だと思ってたが、2人の名字をとったデュオだったんだ。「Love Changes」の曲はよく覚えてるけど、アーティストのことは全然覚えてないなあ。87年ロンドンで結成。ボーカルのSimon Climieは、デュオ結成前にPat Benatarの「Invincible」やAretha Franklin & George Michaelの「I Knew You Were Waiting For Me」を作曲、90年の解散後にはEric Claptonのプロデュースを手がけている。キーボードのRob Fisherは元Naked Eyes、解散後にRick Astleyの「Cry For Help」を作曲している。99年がんのため死去。

01658 Love Changes (Everything) (ラヴ・チェンジズ) 88年23位
 第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの最末期ということで、活動期間は短かったが、この曲はいい曲だね。 ブルーアイドソウルっぽいノリ。女声コーラスが好き。スズキカルタスのCMに使われたらしいが、覚えてない。英国では2位。

« M/A/R/R/S (マーズ) | トップページ | Waterfront (ウォーターフロント) »

音楽 80年代 C」カテゴリの記事

コメント

Chris Christianの下に同カテゴリということで名前が出ていて「あれ!? もう紹介されてたっけ」と思って飛んできました。
『Love Changes』は私も大好きだった。
ハスキーな声をこういうふうに品良くきれいに仕上げているのが、あの時代(※)にはむしろカッコよく感じられた。
※起承転結収まりのよい曲はダサくてボーカルもわざと歪ませたりするのがトレンディだった(?)時代。

自分でも誰を紹介したのか、わからなくなっているくらいですから。
「Love Changes」はよくできたライトなブルーアイドソウルって感じかな?
リミックス・ヴァージョンが英国で2位まで行っていますが、どのヴァージョンのことだろう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Climie Fisher (クライミー・フィッシャー):

« M/A/R/R/S (マーズ) | トップページ | Waterfront (ウォーターフロント) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック