« Young, Neil (ニール・ヤング) | トップページ | Knight, Frederick (フレデリック・ナイト) »

2010年3月 1日 (月)

Ace Of Base (エイス・オブ・ベイス)

 スウェーデン出身の男2人女2人のダンス・ポップ・グループということで、90年代のAbba? でもこちらは夫婦2組ではなく、兄と妹2人と友人。87年結成。世界で2300万枚を売ったというデビューアルバムに尽きる。

01593 All That She Wants (オール・ザット・シー・ウォンツ) 93年2位
 一言で言うと、レゲエ風味のエレクトロニック・ポップ。デビューアルバムの「The Sign」は私も買った。当時はよく聴いたもんです。英国ではNo.1。プラチナディスク。

01594 The Sign (ザ・サイン) 94年1位
 彼らの場合、どの曲も基本的に同じだから、コメントのしようがないなあ。いや、嫌いじゃないけど。6週No.1、プラチナディスクの大ヒット。

01595 Don’t Turn Around (ドント・ターン・アラウンド) 94年4位
 基本的に彼らの曲は男性陣2人のオリジナルだけど、この曲はAlbert HammondとDiane Warren作。と言っても、他の曲と全く同じだが。ゴールドディスク。

01596 Living In Danger (リヴィング・イン・デンジャー) 94年20位
 1593からこの曲までが1stアルバムより。みんな同じと言いながら、なにげにこの曲が1番好きかな。

01597 Beautiful Life (ビューティフル・ライフ) 95年15
 2ndアルバム「The Bridge」より。彼ら独特のサウンドではなく、私が言うところの哀愁入った東欧(北欧)系ヨーロピアンディスコになっちゃったなあ。

01598 Lucky Love (ラッキー・ラヴ) 96年30位
 同じく2ndアルバムから。ヨーロッパではこっちが先にカットされたはず。Ace Of Baseサウンドなんだけど、1stの淡々とした感じがないんだよね。同じことばかりやってるとマンネリになっちゃうし、難しいところではあるが。

01599 Cruel Summer (クルーエル・サマー) 98年10位
 84年Bananaramaのヒット曲のカヴァー。可も不可もなし。ゴールドディスク。

« Young, Neil (ニール・ヤング) | トップページ | Knight, Frederick (フレデリック・ナイト) »

音楽 90年代 Ace Of Base」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ace Of Base (エイス・オブ・ベイス):

« Young, Neil (ニール・ヤング) | トップページ | Knight, Frederick (フレデリック・ナイト) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック