« Gibbs, Terri (テリー・ギブス) | トップページ | Washington, Grover, Jr. (グローヴァー・ワシントン・ジュニア) »

2010年1月31日 (日)

Ohio Players (オハイオ・プレイヤーズ)

 70年代半ばに人気のあったどファンク。何と59年にオハイオ州デイトンで結成されたオハイオ・アンタッチャブルズ(Falconsのバックバンド)が前身。ずいぶんキャリアのあるグループだったんだ。オハイオ・プレイヤーズと言えば、エロいレコードジャケットとターバン巻いたメンバーがいたことが印象に残ってる。などと言うと、まるで色物扱いだが、自分史上ベスト10に入るぐらい好きなグループかもしれない。

100925_163900_3

01529 Funky Worm (ファンキー・ワーム) 73年15位
 「ファンキーウジ虫」? Westboundから初のTop40ヒット。歌と言うよりほとんどしゃべり。シンセの音が目立つ。ノヴェルティ・ソングの扱いになっている。R&BチャートNo.1。ゴールドディスク。

01530 Ecstasy (エクスタシー) 73年31位
 本領発揮は次の「Skin Tight」からだと思うけど、基本は一緒。この曲のボーカルのねちっこさは何だ。

01531 Skin Tight (スキン・タイト) 74年13位
 マーキュリーに移籍したここからが彼らの最盛期。ベースのリフがファンキー。この頃のOhio PlayersとKool & The Gangは無敵! ゴールドディスク。

01532 Fire (ファイアー) 74年1位
 堂々のNo.1ヒット。消防車のサイレンから始まるどファンク。ねちっこいボーカル&コーラス、絡みつくホーンセクション、そして間奏のカッコいいこと。言うことなし。ジャケは消防士のヘルメットとホースを持ったセミヌードのお姉ちゃん。R&BチャートNo.1。ゴールドディスク。

01533 Sweet Sticky Thing (スイート・スティッキー) 75年33位
 アルバム「Honey」からメロウなファンク。最高傑作。サックスの旋律を聴いてるだけでメロメロ。コーラスも間奏のギターも好きです。R&BチャートNo.1。

01534 Love Rollercoaster (愛のローラーコースター) 75年1位
 2曲目のNo.1。レッチリもカヴァーした軽快なファンク。ギターのリフがサイコー。何でこんなにカッコいいんだろう。R&BチャートNo.1。ゴールドディスク。

01535 Fopp (ホップ) 76年30位
 蜂蜜まみれのお姉ちゃんがエロいジャケ、「Honey」から3曲目。ヘビーなファンクチューン。震えるようなギターが独特。Soundgardenがカヴァー。

01536 Who’d She Coo? (いかすぜ!クー) 76年18位
 このギター・リフもカッコいい。タイトルはフーチークーを掛けてるんだろうね。フーチークーって何?の話はRick Derringerのところのコメントを見て下さい。R&BチャートNo.1。

« Gibbs, Terri (テリー・ギブス) | トップページ | Washington, Grover, Jr. (グローヴァー・ワシントン・ジュニア) »

音楽 70年代 Ohio Players」カテゴリの記事

コメント

■Fire
かなり好きな曲でした。
>消防車のサイレンから始まるどファンク。
という印象が強いんだけど、今聞くと意外に音が薄いなぁ。
もっともっと重量感があった感じ。

■Sweet Sticky Thing
>最高傑作。サックスの旋律を聴いてるだけでメロメロ。
ですよね!!
シングル盤を即買いしたのを覚えています。
パーフェクト、という感じの曲。
カッコよすぎです。
なぜ30位台で止まっちゃったのか理解できない。

■Love Rollercoaster
ちょっとPrince風ですか。

■Fopp
>ヘビーなファンクチューン。
これも『Fire』同様、印象としてはもっともっと重かった気がする。

彼らは『Sweet Sticky Thing』系のファルセットボイスも『Fire』『Fopp』系のひきずるボーカルも、両方カッコよかった。

オハイオ・プレイヤーズについては、かてぶしさんとほぼ同意見ですね。

久しぶりにおじゃまします。やっと得意ジャンルの、得意アーティストがきました!

「自分史上ベスト10」ですか。70ズ・ファンクのなかでも、というか、すべてのブラックミュージックアーティストのなかでも、確実に上位入り、ぼくも大好きなバンドです。ジャケといい、グルーヴといい、ほんと、最高ですよね。

ギターへの言及度が高いですが、これはプレーヤーじゃない方が聴いてもあのすばらしさがばっちりわかるってことですよね。うれしいなあ。

空犬さん、お久しぶりです。オハイオ・プレイヤーズはギターのリフもいいし、ボーカルもいいし(かてぶしさんが触れている2種類ですね)、後は何と言ってもサックスが好きです。これからもよろしくお願いします。そちらにも遊びにいきますね。

ミュージックライフと英字のビルボード紙しか情報源がなかったのに中坊だったおいらの耳にガツンときたのがK&Gとこいつらでした。
金ないからFMから必死こいて録音してテープでいっつも聞いていました。
sweet~の口笛の入り方とギターでメロメロでしたね。

ヒポポンタスマンさん、はじめまして。
私と同年代の方ですね。
クール&ザ・ギャングに、オハイオ・プレイヤーズ、「Sweet Sticky Thing」の口笛にギター、趣味も一緒です。
「全米Top40」も聴かれていたのでしょうか?
これからもよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ohio Players (オハイオ・プレイヤーズ):

« Gibbs, Terri (テリー・ギブス) | トップページ | Washington, Grover, Jr. (グローヴァー・ワシントン・ジュニア) »

無料ブログはココログ
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最近のトラックバック