« Sweathog (スウェットホッグ) | トップページ | Foreigner (フォリナー) »

2009年11月30日 (月)

Smashing Pumpkins, The (スマッシング・パンプキンズ)

 久々にメジャーどころということで、今日はスマパン! 90年代オルタナティブ・ロックの雄。私がスマパンに持ってるイメージは、「叙情性と破壊衝動の共存」って感じ。「Mellon Collie And The Infinite Sadness」はよく聴いた。
 88年シカゴで結成。オリジナルメンバーは、Billy Cogan(ボーカル、ギター)、James Iha(ギター)、D’arcy Wretzky(ベース、女性)、Jimmy Chamberlin(ドラムス)。2000年解散、06年再結成。

01344 Landslide (ランドスライド) 94年30位(Airplay)
 オリジナルは75年のFleetwood Mac。どう聴いてもこれはフリートウッド・マック。好きだけど。

01345 Bullet With Butterfly Wings (バレット・ウィズ・バタフライ・ウィングス) 95年22位
 1位初登場、アメリカだけで900万枚以上売ったダブル・アルバム「Mellon Collie And The Infinite Sadness」(メロンコリー そして終りのない悲しみ)からのカット(1348まで全て)。Nirvanaを思わせるヘビー、だがメロディアスなナンバー。グランジ! ゴールドディスク。

01346 1979 (1979) 96年12位
 美しいです。泣けます。90年代版ネオアコって感じ? アルバム・ロック、モダン・ロック・チャートNo.1、ゴールドディスク。

01347 Tonight, Tonight (トゥナイト,トゥナイト) 96年36位
 ドラマチックなストリングス・アレンジに、叙情的なメロディ、追いかけるドラム。これも名曲だねえ。

01348 Thirty-Three (サーティ・スリー) 96年39位
 ヒット曲の中では一番ビリーのボーカルを聴かせる曲かな。こう見るとどの曲も思ったよりヒットしてないんだな。この後、ツアー・メンバーのキーボーディストが薬で死んだり、次のアルバム「Adore」がアメリカで売れなかったり、いろいろあって解散してしまうけれど、「メロンコリー そして終りのない悲しみ」は不滅。

« Sweathog (スウェットホッグ) | トップページ | Foreigner (フォリナー) »

音楽 90年代 Smashing Pumpkins, The」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Smashing Pumpkins, The (スマッシング・パンプキンズ):

« Sweathog (スウェットホッグ) | トップページ | Foreigner (フォリナー) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック