« Alive And Kicking (アライヴ・アンド・キッキング) | トップページ | Thomas, B. J. (B.J.トーマス) »

2009年11月 8日 (日)

Fortunes, The (フォーチュンズ)

 63年バーミンガムで結成された5人組。ブリティッシュ・インヴェイジョンのグループに位置づけられるが、ソフト・ロックっぽくもある。美しいメロディとコーラス、オーケストレーションが売りの叙情系。映画「パイレーツ・ロック」が公開中だが、海賊放送局のテーマ曲を歌ったことも。

 

01284 You’ve Got Your Troubles (ゴット・ユア・トラブル) 65年7位
 デュオDavid & Jonathanとしても知られるRoger Greenaway & Roger Cook(New Seekers「I’d Like To Teach The World To Sing」、Hollies「Long Cool Woman In A Black Dress」等)の作品。叙情性あふれるポップ・ロックの名曲。エンディングに割り込んでくる別メロディも面白い。英国では2位。

 

 

01285 Here It Comes Again (ヒア・イット・カムズ・アゲイン) 65年27位
 Barry Mason(Edison Lighthouse「Love Grows」、Engelbert Humperdinck「The Last Waltz」等)とLes Reed(Herman’s Hermits「There’s A Kind Of Hush」、Tom Jones「It’s Not Unusual」等)の作品。相変わらず美しいコーラスとオーケストレーション。

 

01286 Here Comes That Rainy Day Feeling Again (雨のフィーリング) 71年15位
 一時低迷していた彼らが心機一転Capitolに移籍して放ったヒット。1284のコンビ+Tony MaCaulay(Edison Lighthouse「Love Grows」、Foundations「Baby Now That I’ve Found You」等)の作品。時代の変遷とともに、ボーカルやメロディはバブルガムっぽくなっているが、これもいい曲。

« Alive And Kicking (アライヴ・アンド・キッキング) | トップページ | Thomas, B. J. (B.J.トーマス) »

音楽 60年代 F」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fortunes, The (フォーチュンズ):

« Alive And Kicking (アライヴ・アンド・キッキング) | トップページ | Thomas, B. J. (B.J.トーマス) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック