« Bread (ブレッド) | トップページ | Tanega, Norma (ノーマ・タネガ) »

2009年10月 1日 (木)

Eurythmics (ユーリズミックス)

 私にとって思い入れの強い第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの代表格。男装した(女装した?)麗人というか、アンドロジナスというか、Annie Lennox(54年生まれ)はカッコよくて怖くて、とにかく衝撃的だった。彼女とDavid A. Stewart(52年生まれ)は元Tourists(何故かシングル持ってた)のメンバーで元カップル。Eurythmicsは80年にロンドンで結成されるが、関係は解消。
 無機質なシンセ・ポップって感じだったのが、どんどんソウルフルになっていったのが面白い。

090925_091725

01161 Sweet Dreams (Are Made Of This) (スウィート・ドリームス) 83年1位
 1stが不発に終わり、同名の2ndアルバムより。何と言ってもシンセのベースラインとビデオクリップが印象的。でもまさかアメリカで1位になるとは! 英国では2位。そんなに思い入れがあった記憶はないのだが、何故かビデオ(正確にはVHD!)まで買ってた。ゴールドディスク。

01162 Love Is A Stranger (ラヴ・イズ・ア・ストレンジャー) 83年23位
 1161のヒットを受けて再発になった。ビデオではAnnie Lennoxの七変化が見られる。

01163 Here Comes The Rain Again (ヒア・カムズ・ザ・レイン・アゲイン) 84年4位
 3rdアルバム「Touch」より。これと次のアルバムまではよく聴いたな。「Sweet Dreams」の続編みたいなイメージがあるのだが、こちらの方がメロディに表情があって好き。ビデオではAnnie Lennoxが何かかぶってた印象。

01164 Who’s That Girl? (フーズ・ザット・ガール?) 84年21位
 1163〜1165は「Touch」から。これもいい曲だけど、みんな同じ印象かも。ビデオはBananarama(のSiobhanとDavid Stewartは後に結婚するのだが)を始めオールスター出演。英国では3位。

01165 Right By Your Side (ライト・バイ・ユア・サイド) 84年29位
 これは一転カリプソ風、ファンカラティーナ風。ホイッスルから始まる陽気なナンバー。レパートリーが広がってきた。Annieの帽子がお洒落。

01166 Would I Lie To You? (ビリーヴ・ミー) 85年5位
 1166〜1168は4枚目「Be Yourself Tonight」より。一気にソウルに接近。ホーンセクションとAnnieのシャウト、女声コーラスの掛け合いがめちゃカッコいい。Daveのギターも。

01167 There Must Be An Angel (Playing With My Heart) (ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル) 85年22位
 イントロのスキャットが鮮烈。ハーモニカはStevie Wonder。曲の展開も好きですね。カヴァー多数。アメリカでは振るわなかったが、英国ではNo.1に輝いた。

01168 Sisters Are Doin’ It For Themselves (シスターズ・アー・ドゥーイン・イット) 85年18位
 一時の低迷を完全に脱したAretha Franklinとのデュエット。タイトル通り女声の自立の歌。しかし、わずか2年でずいぶん遠くへ来たもんだね。クレジットはEurythmics And Aretha Franklin。

01169 Missionary Man (ミッショナリー・マン) 86年14位
 5枚目「Revenge」より。個人的には「Be Yourself Tonight」が頂点だったような気がするが、このアルバムも大ヒットしている。マウスハープ全開のEurythmics版ブルースナンバー? アルバムロック・チャートNo.1。

01170 Don’t Ask Me Why (ドント・アスク・ミー・ホワイ) 89年40位
 Eurythmicsは90年に解散するので(99年再結成されるが)、最後のTop40ヒット。生身の人間からまたちょっとロボットの方に戻った感じ。ヒットしなかったけど、相変わらずメロディはいい。その後、Annieはソロとして、Daveはプロデューサー(Bob Dylan、Daryl Hall、Tom Petty、Mick Jagger等)として成功を収める。

« Bread (ブレッド) | トップページ | Tanega, Norma (ノーマ・タネガ) »

音楽 80年代 Eurythmics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eurythmics (ユーリズミックス):

« Bread (ブレッド) | トップページ | Tanega, Norma (ノーマ・タネガ) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック