« High Inergy (ハイ・イナジー) | トップページ | Adventures Of Stevie V (スティーヴィ・V) »

2009年9月 4日 (金)

Vega, Suzanne (スザンヌ・ヴェガ)

 2ndアルバム「Solitude Standing」は新しい時代の女性シンガーソングライターって感じがして、よく聴きました。59年カリフォルニア州サンタモニカ生まれですが、生まれてすぐにニューヨークへ移住、グリニッチ・ヴィレッジで歌ったり舞台に立ったりしていた人なので、東部の人ですね。知的なイメージがあります。

01115 Luka (ルカ) 87年3位
 2ndアルバムの2曲目。児童虐待を受ける子供の視点から歌われている歌ですが、当時はそんなことはまったく知らず、ネオアコっぽい感じがお気に入りでした。

01116 Tom’s Diner (トムズ・ダイナー) 90年5位
 2ndアルバムの1曲目に入っていた曲。アカペラがすごく印象的でした。それを英国のプロデューサー・チームD.N.A.がダンス・トラックにして当初海賊版として出したのがこの曲。よくこんなことを思いついたなと思います(Everything But The Girlの「Missing」は5年後ですし)。クレジットはD.N.A. Featuring Suzanne Vega。ゴールドディスク。英国では2位。

« High Inergy (ハイ・イナジー) | トップページ | Adventures Of Stevie V (スティーヴィ・V) »

音楽 80年代 V」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vega, Suzanne (スザンヌ・ヴェガ):

« High Inergy (ハイ・イナジー) | トップページ | Adventures Of Stevie V (スティーヴィ・V) »

無料ブログはココログ
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

最近のトラックバック