« Neon Philharmonic, The (ネオン・フィルハーモニック) | トップページ | Crazy Elephant (クレイジー・エレファント) »

2009年9月10日 (木)

Harpers Bizarre (ハーパース・ビザール)

 日本で言うソフト・ロック(英米では定義が違うようだが)の中でもとりわけ人気が高いのがこのHarpers Bizarre。後のワーナー・ブラザーズ・レコード社長レニー・ワロンカーのプロデュースした音楽を称してバーバンク・サウンド(バーバンクは会社の所在地)というが、その代表格でもある。
 67年カリフォルニア州サンタクルツで結成(前身のTikisは63年結成)。メンバーはTed Templeman(後にDoobie BrothersやVan Halenのプロデューサーに)、Dickie Scoppettone、Eddie James、Dick Yount、John Peterson(元Beau Brummels)の5人。ノスタルジックで上質なポップス。私は60年代後半のソフト・ロック大好き人間なんだが、Harpers Bizarreにはそれほど思い入れはない。何かウェルメイドすぎるというか。なんて、1stアルバムしか持ってなくて、そんなこと言っちゃダメか。

01126 The 59th Street Bridge Song (Feelin’ Groovy) (恋の59号通り) 67年13位
 私にとっては、何と言ってもモンタレー・ポップ・フェスティバルでSimon & Garfunkelが歌った「59番街橋の歌」のカヴァーというのが嬉しい。コーラスはホント美しい。アレンジはLeon Russell。グラミー賞ソング・オブ・ジ・イヤー。ピチカートファイヴもカヴァー。

01127 Come To The Sunshine (カム・トゥ・ザ・サンシャイン) 67年37位
 Van Dyke Park作。アレンジはPerry Botkin Jr.。やっぱり美しいコーラス。ホントよくできた曲だと思う。イントロは「Rose Garden」みたい?(あっちの方が後ですが)

« Neon Philharmonic, The (ネオン・フィルハーモニック) | トップページ | Crazy Elephant (クレイジー・エレファント) »

音楽 60年代 H」カテゴリの記事

コメント

せっかく「Feelin' Groovy」のYouTubeを貼ったのに、ソッコー削除されてしまったので、「Chattanooga Choo Choo」に貼り替えてみました(また、すぐ消されちゃうかもしれないけど)。Top40には入っていませんが、オリジナルはグレン・ミラーのNo.1ヒットとして知られるスタンダード・ナンバーです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Harpers Bizarre (ハーパース・ビザール):

« Neon Philharmonic, The (ネオン・フィルハーモニック) | トップページ | Crazy Elephant (クレイジー・エレファント) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック