« Castleman, Boomer (ブーマー・キャッスルマン) | トップページ | McDowell, Ronnie (ロニー・マクドウェル) »

2009年8月13日 (木)

Wilde, Kim (キム・ワイルド)

 ホント80年代って感じだよね。実際、80年代には17曲も英国でTop40ヒットを出した。これに匹敵するのはSheena Eastonくらいだろうか? でもアメリカでは2曲しかTop40ヒットはない。
 60年ロンドン生まれ。50年代のポップ・シンガーMarty Wildeの娘。ずっとエレクトロニック・ポップを歌ってたが、ニューウェイブからダンスミュージックにシフトしていった感がある。

01076 Kids In America (キッズ・イン・アメリカ) 82年25位
 デビューシングル。父Martyと弟Rickiの作品。ニューウェイブっぽいシンセポップ。英国では2位。

01077 You Keep Me Hangin’ On (キープ・ミー・ハンギン・オン) 87年1位
 もちろんSupremesのNo.1ヒットのカヴァー。Vanilla FudgeのサイケなカヴァーもTop10に入ってるから、3回大ヒットしたことになる。今聴くと安直にダンスミュージックとしてカヴァーしただけって感じがするが、当時は新鮮だったのかな。「Venus」とか昔の曲をダンスものにするのが流行ってたしね。これも英国では2位になっている。

« Castleman, Boomer (ブーマー・キャッスルマン) | トップページ | McDowell, Ronnie (ロニー・マクドウェル) »

音楽 80年代 W」カテゴリの記事

コメント

■ You Keep Me Hangin’ On

以前にも「なるべくマイナス・コメントは避けるようにしている」と書いたことがあったと思うが、残念ながら今回はプラスなことが書けない。
私は「単なるディスコ・ミュージック」とかでも出来がよければ必ずしも嫌いではないが、この曲が1位になるというのはどうしても理解できない。
Kim Wildeにアイドル的な人気でもあったのだろうか。
私にとっては、広大なアメリカ音楽市場では無名だろうが地味だろうが一風変わっていようが良いものは良いと評価され(ることは少なくても)、下らぬものはどんなに派手なチャートアクションを起こしても1位に立つことはない、という信頼が決定的に失われた時代の象徴かもしれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wilde, Kim (キム・ワイルド):

« Castleman, Boomer (ブーマー・キャッスルマン) | トップページ | McDowell, Ronnie (ロニー・マクドウェル) »

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック