« Cuff Links, The (カフ・リンクス) | トップページ | Stewart, Amii (エイミー・スチュワート) »

2009年8月 3日 (月)

USA For Africa (USAフォー・アフリカ)

 USAがUnited Support of Artistsとのダブル・ミーニングになっているとは知らなかった。アフリカの飢餓救済のための英国のチャリティ・プロジェクトBand Aidのアメリカ版として、Harry Belafonteが提唱、Lionel Richie、Michael Jackson(この2人が作詞・作曲)、Stevie Wonder、Quincy Jones(プロデュース)等に呼びかけて実現した。45名のトップ・スターが参加。参加アーティストやボーカルの順番は日本のWikiを参照のこと。

01065 We Are The World (ウイ・アー・ザ・ワールド) 85年1位
 チャリティ・プロジェクトの頂点。アメリカだけでシングルは750万枚が売れ、6300万ドルが寄付された。ちゃんと救済されるべき人の許に届いたのかという疑惑も報道されたけど。
 マイケルが亡くなって、久しぶりに聴いたけれど、マイケルの曲のようでもあり、ライオネル・リッチー(当時毛嫌いしていたのですが)の曲のようでもある。個人的にはCyndi Lauperが可愛いのと(歳はいくつ?)、Bruce Springsteenの迫力が気に入ってる。
 グラミー賞ソング・オブ・ジ・イヤー、レコード・オブ・ジ・イヤー受賞。アダルト・コンテンポラリー・チャート、R&BチャートNo.1。英国も含め世界中でチャートの1位になったが、日本では12インチ盤が2位。

« Cuff Links, The (カフ・リンクス) | トップページ | Stewart, Amii (エイミー・スチュワート) »

音楽 80年代 U」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USA For Africa (USAフォー・アフリカ):

« Cuff Links, The (カフ・リンクス) | トップページ | Stewart, Amii (エイミー・スチュワート) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック