« Mauriat, Paul (ポール・モーリア楽団) | トップページ | Coven (コヴェン) »

2009年8月10日 (月)

Redbone (レッドボーン)

 ネイティブ・アメリカン(昔で言うインディアン)のロックバンドとして有名(というほど有名じゃあないか)。「Come And Get Your Love」は当時好きだった。68年にロスアンジェルスで結成、LollyとPatのVegas兄弟率いる4人組。Vegas兄弟はP. J. Probyの「Niki Hoeky」の作者。

090811_115434

01072 The Witch Queen Of New Orleans (ニュー・オーリンズの魔女) 71年21位
 ギターのリフが小気味いいスワンプロック。ファンキーっす。何と英国では最高位2位。

01073 Come And Get Your Love (カム・アンド・ゲット・ユア・ラヴ) 74年5位
 「The Witch Queen Of New Orleans」に比べるとほのぼの路線。Rhinoのコンピレーションの解説にはガレージロック×ファンクみたいなことが書いてあるが、ジャンル不明な感じ。個人的には、昔からBrenton Woodの「Gimme Little Sign」に似てるなあと思ってるんだが、誰も知らないか? Real McCoyのカヴァー(95年)もヒット。最高位5位でありながら年間チャート4位に食い込んだのはロングセラーだったから。ゴールドディスク。

« Mauriat, Paul (ポール・モーリア楽団) | トップページ | Coven (コヴェン) »

音楽 70年代 R」カテゴリの記事

コメント

「ニューオーリンズの魔女」のシングルが家にあったので、アップしました。ライナーでは、最近はアメリカ・インディアンのアーティストが登場してきたとして、バフィー・セントメリーやジェシー・ディビスと並んで紹介されており、その中でもレッドボーンは白人攻撃という点でかなりラディカルだとのこと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Redbone (レッドボーン):

« Mauriat, Paul (ポール・モーリア楽団) | トップページ | Coven (コヴェン) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック