« OMC (OMC) | トップページ | Morisson, Mark (マーク・モリソン) »

2009年8月30日 (日)

Gina G (ジーナG)

 ユーロビートは嫌いなのだが、Gina Gの「Ooh Aah…Just A Little Bit」は何故か結構好きだった。70年オーストラリア生まれだが、英国でのデビュー・シングルであるこの曲がNo.1になりブレイク。日本でも第2のマドンナみたいな売り出し方で、人気があったように思う。本名はGina Gardener。

01109 Ooh Aah…Just A Little Bit (ジャスト・ア・リトル・ビット) 96年12位
 ユーロヴィジョン・コンテストの英国代表曲でNo.1ヒット。このパターンは過去4回ある。Sandie Shaw「Puppet On A String」、Cliff Richard「Congratulations」、Brotherhood Of Man「Save Your Kisses For Me」、Bucks Fizz「Making Your Mind Up」。嫌いなはずなのに好きな理由は、シンセのリフがキャッチーなのにつきると思う。まあ大した曲ではないのだが。

« OMC (OMC) | トップページ | Morisson, Mark (マーク・モリソン) »

音楽 90年代 G」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gina G (ジーナG):

« OMC (OMC) | トップページ | Morisson, Mark (マーク・モリソン) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック