« Mead, Sister Janet (シスター・ジャネット・ミード) | トップページ | Mauriat, Paul (ポール・モーリア楽団) »

2009年8月 8日 (土)

Bilk, Mr. Acker (アッカー・ビルク)

 昨日のJanet MeadにSisterがつくのはわかるけど、何故Acker BilkにMr.がつくのだろう? 英国人初の全米No.1(Rock Eraで)に輝いたのが、Mr. Acker Bilk。29年生まれのクラリネット奏者。50年代後半の英国ではトラッド・ジャズが流行っていたが、その担い手の1人である。山高帽がトレードマーク。

01070 Stranger On The Shore (白い渚のブルース) 62年1位
 元々のタイトルは彼の娘の名前「Jenny」だったが、同名の子供向けTVシリーズのテーマソングとなり改題された。クラリネットをフィーチャーしたインストルメンタル。この2年後にブリティッシュ・インヴェイジョンが始まるとは思われないのんびりさ。こういうのもたまにはいいもんです。英国では最高位2位だが、55週チャートインした。アダルトコンテンポラリーチャートNo.1。ゴールドディスク。

« Mead, Sister Janet (シスター・ジャネット・ミード) | トップページ | Mauriat, Paul (ポール・モーリア楽団) »

音楽 60年代 B」カテゴリの記事

コメント

クラリネットの音色が大好きで(私もクラリネットをやってました)これもよく聴いたものです。ヘンリー・アーランドの「白い十字架」というのもありましたね。でもピーナツ・ハッコーの「小さな花」(シドニー・ベシエ)が一番いいですね。

country boyさん、こんばんは。
残念ながら、「白い十字架」も「小さな花」も知りません。
今度You Tubeで探して聴いてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bilk, Mr. Acker (アッカー・ビルク):

« Mead, Sister Janet (シスター・ジャネット・ミード) | トップページ | Mauriat, Paul (ポール・モーリア楽団) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック