« Winstons, The (ウィンストンズ) | トップページ | Pseudo Echo (スード・エコー) »

2009年7月 8日 (水)

Lipps, Inc. (リップス)

 記念すべき1000曲目。約1年で1000曲ということは、10年以上続けないと終わらないということか。その間に新しいヒット曲もどんどん生まれるわけだし、どうしたものか。先のこと等考えず、今日も1曲紹介することにしよう。
 Lipps,Inc.(日本ではリップスと表記されたが)はリップ・シンクと発音し、lip sync(口パク)とかけている。Princeを生んだ街ミネアポリスのプロデューサーSteven Greenbergがセッション・ミュージシャンを集めて作ったグループ。リードボーカルのCynthia Johnsonは76年のミス・ブラック・ミネソタで、Timeの前身バンドと一緒に演っていた人だそうだ。

01000 Funkytown (ファンキータウン) 80年1位
 ちょうど同じ頃Gary Numanの「Cars」もヒットしたが、近い物を感じる。チープ感あふれる、しかし今となっては愛すべきディスコ・ミュージック。200万枚以上売れた。87年にはオーストラリアのロック・バンドPseudo Echoのカヴァーが大ヒット。

« Winstons, The (ウィンストンズ) | トップページ | Pseudo Echo (スード・エコー) »

音楽 80年代 L」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lipps, Inc. (リップス):

« Winstons, The (ウィンストンズ) | トップページ | Pseudo Echo (スード・エコー) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック