« Mungo Jerry (マンゴ・ジェリー) | トップページ | Flying Machine, The (フライング・マシーン) »

2009年7月30日 (木)

Foundations, The (ファウンデーションズ)

 60年代後半の英国のソウル(R&B)・グループと紹介されているが、ソウル風味のポップ・グループというべきだろう。当時の英国はモータウンやスタックスのツアーとかでソウル・ブームであった。67年に結成されたホーンセクションを含む8人組。メンバーには西インド諸島やスリランカ出身者もいる人種混成軍団。アメリカでヒットした2曲は、Edison Lighthouseの「恋のほのお」、New Seekersの「恋のファンタジー」(You Won't Find Another Fool Like Me)、Flying Machineの「笑ってローズマリーちゃん」等を書いたTony MacAulay(いずれも共作)。70年解散。

01060 Baby, Now That I’ve Found You (星のベイビー) 68年11位
 フォートップス風ポップス。Tony MacAulayとJohn McLeaodの作品。英国ではNo.1に輝いた。邦題の「星のベイビー」というのが変。グウィネス・パルトロー主演の映画「愛しのローズマリー」に使われた。

01061 Build Me Up Buttercup (恋の乾草) 69年3位
 これはソウルというよりバブルガム・ミュージックだよね。Tony MacAulayとManfred MannのボーカルMike D’Abo(ピアノを弾いている)の作品。Buttercupというのはきんぽうげのことだが、ここではカワイコちゃんみたいな意味で使われているそうだ。しかし、邦題の「恋の乾草(ほしくさ)」というのはいったい何だ! 英国では2位。キャメロン・ディアスが主演した映画「メリーに首ったけ」で使われた。ゴールドディスク。

« Mungo Jerry (マンゴ・ジェリー) | トップページ | Flying Machine, The (フライング・マシーン) »

音楽 60年代 F」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Foundations, The (ファウンデーションズ):

« Mungo Jerry (マンゴ・ジェリー) | トップページ | Flying Machine, The (フライング・マシーン) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック