« Starland Vocal Band (スターランド・ボーカル・バンド) | トップページ | Turner, Ike & Tina (アイク&ティナ・ターナー) »

2009年6月 8日 (月)

Sam & Dave (サム&デイヴ)

 オーティス・レディングがライブで一緒になるのを嫌がったと言われるダブル・ダイナマイト、史上最強のソウル・デュオ!(というか、創始者というべきかも)
 61年にSam MooreとDave Praterがマイアミで知り合って結成。64年にAtlanticと契約、Jerry WexlerがStaxに送り込み、ブレイク。Isaac HayesとDavid Porterによるソング・ライティング、バックはBooker T. & The M.G.’sMar-Keysという超強力メンバーに支えられ、生汗飛び散るコール&レスポンス(観たことないけど)のパフォーマンス。めちゃカッコいいです。
 Top40ヒットはあまりないが、66〜68年はR&Bチャートを席巻している。68年AtlanticとStaxの関係が切れたあたりから人気にかげりが見え始め、71年解散。Daveは88年自動車事故のため死去。92年ロックの殿堂入り。

00928 Hold On! I’m A Comin’ (ホールド・オン) 66年21位
 Sam & Daveと言えば、やっぱりこれでしょう。タイトルからしてエッチ系かと思ったら、全然そうではなく、トイレに入ってたDavid PorterがIsaac Hayesに呼ばれて「ちょっと待って、今行くから」と答えたことから出来た曲だそうだ。歌詞は男の友情系? それでも当時はタイトルを「Hold On! I’m Comin’」から変えているのだが、Aが入ると意味がどう変わるんだろう?
 などと、つまらないことでスペースを取ってしまったが、曲の方は完璧! ホーンのリフとボーカルのカッコいいこと。曲の展開もスリリング。R&BチャートNo.1。95年になってゴールドディスク認定というロングセラー?

00929 Soul Man (ソウル・マン) 67年2位
 「Hold On! I’m Comin’」と甲乙付け難い出来。Blues Brothersのカヴァーでも有名。「Soul」というタイトルのついた曲で初めてアメリカでNo.1になり(Cash Box誌)、その後ソウルというジャンルが定着したという歴史的名曲。
 これもR&BチャートNo.1で、ゴールドディスク。最近全く触れてなかったんだけど、Rolling Stone誌の500 Greatest Songs of All Timeで458位!に選ばれている。でもこのランキング、一体どうやって決めたんだろう?

00930 I Thank You (アイ・サンキュー) 68年9位
 ちょっとゴスペルっぽいというか、キーボードがアクセントになっているし、バックコーラスも入っているし、今までとはちょっと違う感じ。後にZZ Topがカヴァーしている。

« Starland Vocal Band (スターランド・ボーカル・バンド) | トップページ | Turner, Ike & Tina (アイク&ティナ・ターナー) »

音楽 60年代 S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sam & Dave (サム&デイヴ):

« Starland Vocal Band (スターランド・ボーカル・バンド) | トップページ | Turner, Ike & Tina (アイク&ティナ・ターナー) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック