« Independents, The (インディペンデンツ) | トップページ | Mel And Tim (メル&ティム) »

2009年6月20日 (土)

Moments, The (Ray, Goodman & Brown) (モーメンツ(レイ・グッドマン&ブラウン))

 今日はスイート・ソウルのトリオMoments。「Love On A Two-Way Street」は永遠の名曲。
 メンバーはHarry Ray、Al Goodman、Billy Brown。但し、セクシー姐御Sylvia Robinsonによって68年にMomentsが結成された時のメンバーとは3人とも入れ替わっている。Sylviaと旦那のJoe RobinsonのレーベルStang/All PlatinumからPolydorに移った時にMomentsを名乗れなくなり、Ray, Goodman & Brownと改名。「Love On A Two-Way Street」に優るとも劣らない名曲「Special Lady」のヒットを飛ばす。Rayは92年に死去。

090613_071459

00953 Love On A Two-Way Street (孤独なハイウェイ) 70年3位
 ドラマチックなイントロから始まる、Billy Brownのファルセット・ボイスをフィーチャーしたスイート・ソウルの決定版。いい曲だねえ。Sylviaが曲作りにも関わっている。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。
 このジャケットは76年にベストが出た時のシングル。B面に入ってる初ヒット「Not On The Outside」もいい。ファルセットはBilly Brownの前任者Mark Greene。

00954 Sexy Mama (セクシー・ママ) 74年17位
 Sylviaの「ピロートーク」を思い出させる曲作りだが、作曲はRayとGoodman。リードボーカルはRayで、この頃からセクシー路線?へ。

00955 Look At Me (I’m In Love) (ルック・アット・ミー) 75年39位
 リードはRay。「Sexy Mama」の路線で、R&BチャートNo.1に輝いているが、ちょっとメロディが弱いかなあ。

00956 Special Lady (スペシャル・レディー) 80年5位
 Ray, Goodman & Brownに改名して最初のシングル。アカペラで始まる80年代のドゥーワップ。心温まる名曲です。R&BチャートNo.1、ゴールドディスク。

« Independents, The (インディペンデンツ) | トップページ | Mel And Tim (メル&ティム) »

音楽 70年代 M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Independents, The (インディペンデンツ) | トップページ | Mel And Tim (メル&ティム) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック