« Five Satins, The (ファイヴ・サテンズ) | トップページ | Christie (クリスティ) »

2009年5月19日 (火)

Pipkins, The (ピプキンス)

 英国のセッション・シンガーTony Burrowsがリードボーカルを務めたグループをいろいろ紹介して来たが、今日はその最終回。George MartinとAIRスタジオを作ったプロデューサーJohn Burgessによるスタジオグループ。Roger Greenaway(David & Jonathan)とTony Burrowsのデュオ。White Plainsと一緒に演っているらしい。「Gimme Dat Ding」の一発屋だが、何故かA面はSweet、B面は彼らというLPを残している。日本にもA面とB面が別のアーティストというLPが昔はありましたねえ。

00892 Gimme Dat Ding (ギミ・ダッ・ディン) 70年9位
 Jimmy Castor Bunchのようなラップに始まり、ラグタイム風ピアノに合わせて歌われるノヴェルティ・ソング。何歌ってんだか知らないが、とりあえず陽気になる。作者の1人は何とAlbert Hammond! 英国の子供向けTV番組「Oliver In The Overworld」(他の本には「Oliver & The Overlord」とか「Oliver & The Underworld」と書かれているが、どれが正しいか全くわからず)に使われた曲。Dat Dingと言うのはThat Thingの幼児語でしょうか?

« Five Satins, The (ファイヴ・サテンズ) | トップページ | Christie (クリスティ) »

音楽 70年代 P」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pipkins, The (ピプキンス):

« Five Satins, The (ファイヴ・サテンズ) | トップページ | Christie (クリスティ) »

無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

最近のトラックバック