« Cochran, Eddie (エディ・コクラン) | トップページ | Pyramids, The (ピラミッズ) »

2009年5月25日 (月)

Gore, Lesley (レスリー・ゴーア)

 とにかくすべてのヒット曲を取り上げるというブログなので(趣旨はこちらを見てね!)、あまり思い入れのないアーティストも出てくるのだが、この人も「涙のバースデイ・パーティ」以外はあまり知らないなあ(でもベスト盤だけは持ってる)。63年から67年にかけて11曲ものヒットがあるけれど、ビートルズ以前のアイドル歌手というイメージだ。でも、歌はうまい。
 46年ニューヨーク生まれ。16歳の時にプロデューサーQuincy Jonesに見いだされる。911を除くすべてのヒット曲は彼のプロデュース(最近まで知らなかった!)。後に弟のMichael Goreと映画「Fame」のサウンドトラックを手掛けた。Irene Caraの「Out Here On My Own」は彼女等の作品。

00901 It’s My Party (涙のバースデイ・パーティ) 63年1位
 17歳のNo.1ヒット。オールディーズ・ポップスの定番。やっぱこのサビはスゴい。フィル・スペクタークリスタルズにレコーディングさせようとしているのがわかり、あわてて発売したらしい(結局クリスタルズ盤は発売されなかったが、クリスタルズにも合ってそう)。何とR&BチャートでもNo.1になっていて、言われてみればR&Bっぽい? でも当時は「Sukiyaki」もR&Bチャートでヒットしているからなあ。81年にはDave Stewart with Barbara Gaskinのカヴァー・ヴァージョンが英国で1位になった。

00902 Judy’s Turn To Cry (なみだのジュディー) 63年5位
 「It’s My Party」の続編。「パーティで私を泣かせたジュディが今度は泣く番よ」って歌ですね。ジョニーを取り合っている訳です。

00903 She’s A Fool (ラッキー・ガール) 63年5位
 レスリー・ゴーアはソロだけど、ロネッツとかクリスタルズとか当時のガールズ・グループと同じ路線ですね。

00904 You Don’t Own Me (恋と涙の17才) 64年2位
 「涙のバースデイ・パーティ」の次に有名なのがこの曲でしょう。日本人にウケそうな三連のバラード。邦題とは違って、歌詞はウーマンリブ・ソングの先駆けとも言われる。ビートルズの「抱きしめたい」に阻止されて1位になれず。
 80年代につちやかおり(フックンの奥さん)がカヴァー。詞は湯川れい子だった。

00905 That’s The Way Boys Are (恋を夢みる17才) 64年12位
 若干勢いが落ちて来た感が。「恋と涙の17才」が売れたんで、この邦題を付けたんでしょうね。

00906 I Don’t Wanna Be A Loser (失恋はいや) 64年37位
 これもちょっと地味かな。単純な曲では全くないけれど。903、905、906はM.Barkan、B.Raleighのコンビが作ってる。

00907 Maybe I Know (メイビー・アイ・ノウ) 64年14位
 ブリルビルディングの名ソングライター・コンビであるエリー・グリニッチ&ジェフ・バリーの作品。さすがにメロディがキャッチー。テコ入れ成功って感じですね。

00908 Look Of Love (恋の面影) 65年27位
 これもエリー・グリニッチ&ジェフ・バリー。バカラックの名曲とは同名異曲。

00909 Sunshine, Lollipops And Rainbows (サンシャインとレインボー) 65年13位
 Frankie Avalon主演の映画「Ski Party」の曲。もちろん観たことはないが、いかにも青春スター映画のテーマ曲って感じがする。逆に65年の曲とは思えないが。この曲と911は駆け出しの頃のMarvin Hamlischが共作している。

00910 My Town, My Guy And Me (マイ・タウン・マイ・ガイ・アンド・ミー) 65年32位
 作曲者に彼女の名前が初めてクレジットされている。可もなく不可もなし。

00911 California Nights (星のカリフォルニア・ナイト) 67年16位
 最後のTop40ヒット。時代とずれてしまったんだろうが、この曲には67年っぽさを少し感じる。911のみBob Crewのプロデュース。69年には超名曲「Wedding Bell Blues」を録音するがヒットせず、5th DimensionのヴァージョンがNo.1になった。

« Cochran, Eddie (エディ・コクラン) | トップページ | Pyramids, The (ピラミッズ) »

音楽 60年代 Gore, Lesley」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gore, Lesley (レスリー・ゴーア):

« Cochran, Eddie (エディ・コクラン) | トップページ | Pyramids, The (ピラミッズ) »

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック