« Brown, Polly (ポリー・ブラウン) | トップページ | Tyler, Bonnie (ボニー・タイラー) »

2009年4月19日 (日)

Valli, Frankie (フランキー・ヴァリ)

 もちろんFour Seasonsのリード・ボーカル。Four Seasonsでは、「シェリー」を始めスゴいファルセットを聴かせてくれるけど、ソロではあまりファルセットでは歌ってないみたい。
 34年ニュージャージー州生まれ。53年にソロ・デビューし、61年よりFour Seasonsとして活動、65年から並行してソロ活動を再開している。70年代前半はヒットに恵まれなかったが、75年「瞳の面影」で劇的にカムバック。

00828 (You’re Gonna) Hurt Yourself (ハート・ユアセルフ) 66年39位
 2枚目のソロ・シングル。1枚目はFour Seasonsでも組んでいたBob CreweとBob Gaudioの作品「The Sun Ain’t Gonna Shine Anymore」(太陽はもう輝かない)だったが、Walker Brothersのヴァージョンの方がヒットしてしまった。この曲も同じコンビの作品。ブルー・アイド・ソウルだね。

00829 Can’t Take My Eyes Off You (君の瞳に恋してる) 67年2位
 日本ではボーイズ・タウン・ギャングのヴァージョンがディスコを席巻したんで、それがオリジナルだと思っている人もいるみたいだけど、こっちがオリジナル。メロディアスなAメロ、盛り上がるBメロ、どっちもイイです。LettermenLauryn HillのカヴァーもTop40入りしている。ゴールドディスク。

00830 I Make A Fool Of Myself (内気な恋心) 67年18位
 「君の瞳に恋してる」の二匹目のどじょう狙いって感じ。いい曲だけど。ブラスの入り方が好き。やはりクリュウ&ゴーディオの作品。

00831 To Give (The Reason I Live) (トゥ・ギブ) 68年29位
 これもクリュウ&ゴーディオ。何か007のテーマみたいなドラマティック路線に。トム・ジョーンズが歌った方がいいんではないか。

00832 My Eyes Adored You (瞳の面影) 75年1位
 70年代前半はフォー・シーズンズもフランキー・ヴァリもモータウンにいたのだが、鳴かず飛ばず。モータウン時代に吹き込んだこの曲の権利を買い取って、再度トライしたら彼にとって初のNo.1になった。甘いバラードです。クリュウ&ケニー・ノーランの曲だが、この曲に替わって1位の座についた「Lady Marmalade」も同じチームの作品。こうしたケースは、レノン=マッカートニー、ホーランドドジャー=ホーランドに続いて3組目の快挙。
 そういえば、この頃は往年のビッグ・スターのカムバックが多く、ポール・アンカもニール・セダカもNo.1ヒットを出している。余勢を駆ってフォー・シーズンズもカムバックを果たす。ゴールドディスク。

00833 Swearin’ To God (神に誓って) 75年6位
 Bob CreweとDenny Randellの作品。カムバック第2作はディスコもの。当時この手の音作りは結構あった。

00834 Our Day Will Come (燃える初恋) 75年11位
 Ruby & The Romanticsの63年のNo.1ヒットのリメイク。これもディスコ・ヴァージョン。カムバックしたフォー・シーズンズもディスコだったなあ。

00835 Fallen Angel (天使の面影) 76年36位
 ディスコ路線からバラード路線に戻したが、不発。メロディはBreadみたい。地味すぎ。

00836 Grease (グリース) 78年1位
 ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン・ジョンが主演した大ヒットミュージカル映画「グリース」からの2枚目のNo.1ヒット。当時サントラとしても「サタデイ・ナイト・フィーバー」の2500万枚以上に次ぐ2400万枚以上(歴代2位)を売り上げた。Barry Gibbの作品。どこをどう聴いても、当時は何でも売れたビージーズ。お腹いっぱいでした。プラチナディスク。米国だけで300万枚以上売れた。

« Brown, Polly (ポリー・ブラウン) | トップページ | Tyler, Bonnie (ボニー・タイラー) »

音楽 60年代 Valli, Frankie」カテゴリの記事

コメント

いろいろ思い出深い曲が続きますなぁ。

私にとっては、彼の声はちょっと甘すぎる。
Four Seasonsでの「スゴいファルセット」は代え難い魅力があるし、曲の魅力はともかく声としては晩年(?)のディスコ路線の軽いノリも気に入っていたのだけど、バラードになるとちょっと……。

■My Eyes Adored You (瞳の面影)
確かに1位を取りそうな曲だけど、甘すぎだと感じていた。あとでKenny Nolanのソロ・ヒット(『I Like Dreamin'』)が出たとき(この曲も甘くて好きになれなかった)、あ、なるほど、と思った。

■Fallen Angel (天使の面影)
あまりに露骨に「バラード路線でもう一発」狙いだった。普通、私はそういうむき出しの魂胆には意地でも乗らないのだが、なぜかこの曲は好きだった。
ボーカリストを替えてアレンジをもうちょっと工夫したら、1位は無理でもTop10ぐらいは行くんじゃないか、と勝手に想像してました。
>メロディはBreadみたい。
そうか、言われてみればそんな感じですね。
>地味すぎ。
地味ゆえに彼の甘さも抑制が効いていて、それがよかったのかもしれない。

■Grease (グリース)
>どこをどう聴いても、当時は何でも売れたビージーズ。お腹いっぱいでした。
同感です。
よっぽど思い入れがなかったみたいで、確かに1位になったのは覚えているのだが、瞬間的にはどんな曲だが全然思い出せなかった。

ケニー・ノーランの甘さは私も苦手でした。でも、「Lady Marmalade」や「Get Dancin'」も彼が作ってるんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Valli, Frankie (フランキー・ヴァリ):

« Brown, Polly (ポリー・ブラウン) | トップページ | Tyler, Bonnie (ボニー・タイラー) »

無料ブログはココログ
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック