« Troggs, The (トロッグス) | トップページ | Sakamoto, Kyu (坂本九) »

2009年4月13日 (月)

Peter And Gordon (ピーターとゴードン)

 Peter Asher(44年ロンドン生まれ)とGordon Waller(45年スコットランド生まれ)が63年に結成したデュオは、ブリティッシュ・インヴェイジョンにおけるEverly Brothersと称された。私のイメージはBeatlesの弟分。Peterの妹の女優Jane AsherがPaul McCartneyのガールフレンドだったことから、Paulの曲を何曲もヒットさせている。「A World Without Love」はLennon-McCartneyの曲としてはBeatles以外のアーティストによる初のNo.1である。
 67年の解散後、PeterはAppleレコードを経て、James TaylorLinda Ronstadt等のプロデューサーとして名を馳せることになる。

00813 A World Without Love (愛なき世界) 64年1位
 Paulの曲だが、Beatlesには向かないので、彼らがレコーディングすることになったらしい。Billy J. Kramerも録音を断ったそうだが。Paulが彼らのために書いた4曲のヒットの中でもダントツの出来。Beatlesが歌っても全然OKだと思うけどね。

00814 Nobody I Know (二人だけのパラダイス) 64年12位
 この曲と815もPaulの作品。クレジットはすべてLennon-McCartneyとなっているが、Beatlesの曲も含めて当時はそういうルールだったんで。

00815 I Don’t Want To See You Again (逢いたくないさ) 64年16位
 3曲ともさすがPaulではある。間奏とか後半のストリングスのアレンジは当時のBeatlesではなさそうなパターンだが。

00816 I Go To Pieces (アイ・ゴー・トゥ・ピーセス) 65年9位
 「Runaway」で有名なDel Shannonの作品。ちょっとメロディは古いが、スゴいいい曲。Paulの曲よりいいと思う。彼らのハーモニーが活かされているし。

00817 True Love Ways (二人の恋は) 65年14位
 Buddy Hollyの曲のカヴァー。三連のロッカ・バラード。818と併せて50年代リバイバル。ドラマティックなコーラスを聴かせてくれる。

00818 To Know You Is To Love You (つのる想い) 65年24位
 Phil Spectorによる傑作で、自身のグループTeddy BearsのNo.1ヒット「To Know Him Is To Love Him」のリメイク。HimがYouに変っているし、邦題も元の「会ったとたんに一目ぼれ」ではない。ずいぶんドラマティックなアレンジにしたなあ。何だかライチャス・ブラザーズみたいだ。

00819 Woman (ウーマン) 66年14位
 再びPaulの曲。但し、この曲のみPaul McCartneyの単独名義。と言うのもPaulの名前がなくてもヒットするか試す目的で、Bernard Webbという偽名で最初はリリースされたため。まあちゃんとヒットしたわけだが。「Woman」と言えばJohnにも同名異曲があるが、私はそっちの方が好みです。

00820 Lady Govida (レディ・ゴダイヴァ) 66年6位
 ここから路線変更して、ノヴェルティ路線? ママス&パパスが歌ってそうな曲。Peterはこの曲と次の曲が嫌いらしいが、楽しい曲ではある。

00821 Knight In Rusty Armour (騎士と乙女) 67年15位
 820とこの曲は(Mike)Leander-Mills作となっていて、同じ路線。ディキシーランド・ジャズっぽい感じもある。

00822 Sunday For Tea (サンディ・フォー・ティー) 67年31位
 彼ら最後のTop40ヒット。広い意味では820以降は同じ路線で、古き良き英国って感じ?のポップス。時代のトレンドからは離れ、彼らも先行きが見えなくなり、解散してしまったんでしょうね。

« Troggs, The (トロッグス) | トップページ | Sakamoto, Kyu (坂本九) »

音楽 60年代 Peter And Gordon」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに遊びに来ました。
またほっとする旋律で和ませてもらいました。
Peter And Gordon の曲、高く澄んだ出だしの音、美しい旋律が印象的で、たま~に聴くと歳に効きます。


BONさん、お久しぶりです。
Peter & Gordonは何と言ってもPaul McCartneyが作った「愛なき世界」が有名ですが、私は上にも書いたようにDel Shannon作の「I Go To Pieces」がお気に入りです。
60年代はよいメロディの曲が沢山ありますね。

またまたいい曲ですね。「愛なき世界」これしか持ってませんが。

COUNTRY BOYさんは「愛なき世界」のシングルもお持ちなんですか。
それはスゴいですね。
私はデル・シャノンが作った「I Go To Pieces」も大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Peter And Gordon (ピーターとゴードン):

« Troggs, The (トロッグス) | トップページ | Sakamoto, Kyu (坂本九) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック