« Bell, William (ウィリアム・ベル) | トップページ | 4 Non Blondes (4ノン・ブロンズ) »

2009年3月30日 (月)

Walker, Jr., & The All Stars (ジュニア・ウォーカー&オールスターズ)

 モータウンらしからぬファンキーさと泥臭さ。Johnny Bristolが元MoonglowsのHarvey Fuquaに紹介、Fuquaのレーベルがモータウンに買収されたために、彼らはモータウンのアーティストになったそうだ。
 Junior Walker(1931-1995)のテナー・サックスに、ギター、オルガン、ドラムスの4人構成。ジャンプ・ブルースの流れを汲むWalkerのワイルドな演奏、ダンサブルな曲、サックス好きの私が嫌いなわけがありません。

00773 Shotgun (ショットガン) 65年4位
 有名な最初のヒット曲。ワンコードのダンス・ナンバー。サックス、ボーカル、オルガン、ビート、文句なしにカッコよし。R&BチャートNo.1。

00774 Do The Boomerang (ドゥ・ザ・ブーメラン) 65年36位
 ブーメランってのはダンスの種類。どんなダンスかは知らないが。単調な(←褒め言葉です)曲調とサックスソロがいいねえ。

00775 Shake And Fingerpop (シェイク・アンド・フィンガーポップ) 65年29位
 サビというか、リズムが変るところのカッコよさで決まり。というか、そこのみ。

00776 (I’m A) Road Runner (ロード・ランナー) 66年20位
 773から776まではデビューアルバム「Shotgun」収録。4曲の中では、今ひとつピンとこない。

00777 How Sweet It Is (To Be Loved By You) (ハウ・スウィート・イット・イズ) 66年18位
 もちろんMarvin Gayeのカヴァー。こういう歌を聴かせる人じゃあないんで、ちょっとどうかなとは思う。モータウンの意向なんだろうなあ。

00778 Pucker Up Buttercup (パッカー・アップ・バターカップ) 67年31位
 JBっぽい。相変わらず演奏はカッコいいが、歌はJBにはかなわないからなあ。

00779 Come See About Me (カム・シー・アバウト・ミー) 67年24位
 今度はSupremesの大ヒットのカヴァー。まずまずの出来かな。彼らの場合、カヴァーよりオリジナルだね。

00780 Hip City – Pt.2 (ヒップ・シティ(パート2)) 68年31位
 779〜781はアルバム「Home Cookin’」より。JB風ファンキー路線。

00781 What Does It Take (To Win Your Love) (ハートの合鍵) 69年4位
 以前も書いたが、私の好きなイントロBest3の1曲。イントロの素晴らしさに比べると、歌が始まると期待ほどではないんだが、マイ・フェイバリットであることには変わりない。初期に比べるとずいぶん洗練されて来ている。R&BチャートNo.1。

00782 These Eyes (ディーズ・アイズ) 69年16位
 Guess Whoの同年のヒットのカヴァー。「What Does It Take」の成功がこのカヴァーにつながったと想像される。オリジナルを超えているとは思えないが、カヴァーの中ではこれが1番いいかな。

00783 Gotta Hold On To This Feeling (ガッタ・ホールド・オン) 70年21位
 60年代後半って感じの曲だな。「What Does It Take」以降、1つの路線が定まった感じがする。私の好きなCornelius Brothers & Sister Roseとかにも近い。

00784 Do You See My Love (For You Growing) (ドゥ・ユー・シー・マイ・ラヴ) 70年32位
 最後のTop40ヒット。この後は時代の流れについていけなくなり、ヒット・チャートからは消えてしまったが、後期の曲(「What Does It Take」路線)も結構好き。81年Foreignerのヒット曲「Urgent」のサックス・ソロで復活!

« Bell, William (ウィリアム・ベル) | トップページ | 4 Non Blondes (4ノン・ブロンズ) »

音楽 60年代 Walker, Jr., & The All Stars」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Walker, Jr., & The All Stars (ジュニア・ウォーカー&オールスターズ):

« Bell, William (ウィリアム・ベル) | トップページ | 4 Non Blondes (4ノン・ブロンズ) »

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック