« Pratt & McClain (プラット&マクレーン) | トップページ | Silver (シルヴァー) »

2009年3月14日 (土)

New Vaudeville Band, The (ニュー・ヴォードヴィル・バンド)

 60年代の不思議な大ヒット曲の1つ「Winchester Cathedral」で知られるNew Vaudeville Band。「Winchester Cathedral」は20-30年代の英国のミュージック・ホール・スタイルの曲だそうだ。実体は作曲家でプロデューサーのGeoff Stephens(後にFlying Machineの「笑って!ローズマリーちゃん」やCarol Douglasの「恋の診断書」等を作曲)が作った曲をスタジオ・ミュージシャンが吹き込んだもの。後にツアーのために、新たなメンバーでバンドが結成された。

00755 Winchester Cathedral (ウィンチェスターの鐘) 66年1位
 メガホン風の不思議な声で歌われる(Rudy Valleeスタイルと言うらしい)。歌っているのは、First Class等でも歌っているJohn Carter。この曲を聴くと、ポール・マッカートニーの「アンクル・アルバート」を思い出す。そう言えば、サージェント・ペパーズに入ってる「When I’m 64」とかも同じようなノリだな。アダルト・コンテンポラリー・チャートでもNo.1。グラミー賞受賞。ゴールドディスクも獲得。

« Pratt & McClain (プラット&マクレーン) | トップページ | Silver (シルヴァー) »

音楽 60年代 N」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: New Vaudeville Band, The (ニュー・ヴォードヴィル・バンド):

« Pratt & McClain (プラット&マクレーン) | トップページ | Silver (シルヴァー) »

無料ブログはココログ
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

最近のトラックバック